コラム

 公開日: 2012-12-19 

マナーうんちく話421≪入室時におけるマナー≫

ビジネスでもプライベートでも他人の部屋に入ることは日常茶飯事ですが、他人の部屋に入る以上は、家庭でも職場でも、それなりのマナーが有ります。
自信ありますか?

洋室にせよ和室にせよ、全て大丈夫!と言う人は少ないと思いますが、これはとても大切なマナーですので、是非参考にして下さい。

先ず、ドアの有る部屋に入る時には、ノックをします。
この時、こぶしの甲は自分の方で、指側でノックされる事をお勧めします。

そしてノックの回数ですが、あなたは何回しますか?
ノックは、外国から入ったマナーですから、そんなに目くじらを立てることもないと思いますが、トイレの場合は2回、親しい人の場合は3回がお勧めです。

また、家庭でも、親が子どもの部屋に入る時にも当然ノックは必要です。
勿論、逆もしかりです。
このような時のノックは3回されたらいいと思います。
家庭でも、トイレのノックは2回、部屋の場合は3回と決められたら如何でしょうか?

但し、部屋の中で何か異変が感じられる場合は、この限りではなく、たたき続ける必要が有るかもしれませんね。

ノックをしたら、相手の返事を待ちます。
「どうぞ」の返事が有ったら、「失礼いたします」と掛け声をして、ドアを開けて入ります。

明けたドアは当然閉めなくてはいけません。
ドアの方を向いて、完全にドアが閉まるまで見届けることがポイントです。
ここは、とても大切なポイントです。

用事がすみ、退室する際は、ドアの外に出て、相手の方を向いて、挨拶をして、静かにドアを閉めます。

次に、和室の場合はどうでしょうか?
これは、洋室のように簡単にはいきませんが、是非覚えて頂きたいものです。

和室の襖や障子は、日本の平和な社会背景から生まれた、日本が世界に誇る文化です。
従って、その開け・閉(た)ても、優雅に行いたいものです。

基本的には、和室に入る時には、座って入る事をお勧めします。
襖の前で正座して、「失礼いたします」と声をかけます。

ちなみに、昔は、「失礼いたします」と声を掛けるのではなく、襖の前で「コホン」と咳払いをして、「これから部屋に入ります」という合図をしていたそうです。

欧米では、考えられないような、実に奥ゆかしいマナーが存在したわけです。
次に、3度に渡り襖を開けて入るわけですが、詳しくは、マナーうんちく話《和室における礼儀・作法》を参考にして下さい。

農耕文化を礎とし、平和な社会を築いた日本では、紙とか細い木だけで、部屋と部屋の仕切りを作りました。

そして、その仕切りには鍵が有りません。
これは、鍵をかけなくても、そこに襖や障子が有るだけで、無断で入らないと言う暗黙のルールが存在していたからです。

加えて、部屋に入る時には、部屋の中の人に対し、最高の思いやりの心を発揮した、大変美しい入室の作法を作りましたが、残念ながら、今では、すっかり薄れてしまいました。

時代の流れと、諦めてしまうには、余りにも勿体ない作法です。
いつまでも、残し、伝えたいものです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1573《品格がにじみ出る忘年会での振る舞い。好感のもたれる立ち居振る舞いとは》

今回は忘年会で、参加者としてどのように振舞えば良いのか?について触れておきます。忘年会は、いろいろな面...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1572《忘年会を盛り上げるにはコツがある②》

【忘年会の挨拶】忘年会には挨拶がつきものですが、幹事の開催の挨拶に続き、組織の長の挨拶があります。こ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1571《忘年会を盛り上げるにはコツがある①》

日本独特の行事だと思いますが、今年も師走の風物詩「忘年会」の季節がやってきました。歓送迎会、ビアパーティ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1570《気配りで気が重くなっていませんか?ポイントは一方通行にならないこと》

先日歴史と文化溢れる島々を結ぶ「しまなみ海峡」を経て、四国の伊予地方に旅行に行きましたが、ミカンが収穫期を...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ