コラム

 公開日: 2012-12-14 

マナーうんちく話416≪赤穂浪士討ち入りとマナー≫

12月14日と言えば、日本人なら誰もが知っている赤穂浪士47人が、吉良上野介の屋敷に押し入り、上野介を殺害して、主君の敵を打った日です。

今でも「忠臣蔵」と言う名前で語り続けられています。
ちなみに、「忠臣」とは忠義に厚い家来たちの意味で、「蔵」は大石蔵之助の蔵に掛けた物語だと言う説が有力です。

さらに、12月14日の日付ですが、今ではすっかり年末の娯楽番組として定着しておりますが、なにぶん旧暦の事ですから、今使用されている新暦に直すと、1月の終わり頃になるようです。

しかし、今さら日付を新暦に置き換えることは難しいので、このことはさて置いて、この歴史的な大事件の背景には、当時の「礼儀・作法」が大きく関わっていたことを認識して頂ければと思います。

幕府は正月に、京都から天皇の使者を迎えることになっており、何かと使者の「おもてなしの準備」が忙しかったわけで有ります。

このコラムでも、《訪問と、「もてなしの仕方・され方」》のマナーに詳しく触れていますが、当時、幕府が天皇の使者を迎えることについては、万事において非常に厳格な作法が定められており、想像を絶する大仕事だったはずです。

そして、その勅使の接待役と言う、大仕事を任されたのが、当時24歳の赤穂藩主浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)でした。

この大仕事は、上手くいくと非常に名誉なことですが、同時に、下手をすれば命にかかわるもので、今流に表現すればハイリスク・ハイリターンでしょうか。

しかし、残念ながら、大名といえども、勅使を接待するマナーには精通しておりません。

そこで、専門家から、マナーの指南を受けるわけですが、この時の指南役が吉良上野介です。

恐らく、当時としても、これほど儀礼を尽くした接待は無く、武家階級の礼儀・作法のみならず、公家礼法も駆使する必要が有ったのではないでしょうか。

だから当時は、幕府の儀礼祭典に通じ、礼儀・作法を教える、格式の高い「高家」という家柄が有ったわけです。

そのようなプロに教授して頂くわけですから、万事うまくいけばよかったわけですが、残念ながら、悲惨な結果に終わりました。

その理由としては、吉良氏が浅野氏に接待のマナーを伝授する代わりに、赤穂藩の塩の製法を教えて頂けないかとお願いしたが、断られたので、その腹いせに満足できる作法を教えなかった、と言う説が有力です。

加えて、作法を教えて頂く以上は、授業料が必要になるけど、充分な金額を支払わなかったから、作法も充分教えてもらえなかったと言う説と、浅野氏は元々キレる性格で有ったという説がありますが、定かではありません。

しかし、300年以上も風雪に耐え、現代まで語り継がれた「赤穂浪士討ち入り」の背景には、挨拶の仕方や、もてなしの仕方など、基本的な人間関係のマナーに有ったことは明白な事実のようです。

いつの世も、人が人として心豊かに生きていくには、マナーは必要不可欠なのですね。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1658《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食3」》

洋食はソースの種類が多く、しかもそれが誠に美味しいのが特徴ですが、前に頂いたフォークやナイフで次の料理を食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ