コラム

 公開日: 2012-12-07 

マナーうんちく話409≪忘年会のマナー「酒の席②」≫

今年も冬将軍がやってきて、「晴れの国」岡山でも雪が降りました。

ところで「六花(ろっか、りっか、むつはな)」、「瑞花(ずいか)」、「不香(ふか)の花」といったら、何かご存知でしょうか?

全て雪の異称のです。
昔の人は、雪の美しさを花にたとえて、このような名前を付けたわけですね。

今日は、雪が激しく降り始める頃だとされている、二十四節季の一つ「大雪(たいせつ)」です。

今回は、忘年会の「酒の席でのマナー」の続きです。

既にお話ししましたが、忘年会は単なる飲み会ではありません。
日頃職場でしか接することがない上司、先輩、同僚等とさらなるコミュニケーションを深める場です。

さらに、共に食べたり飲んだりすることは、「私はあなたの事をより理解したい」、「私はあなたとより仲良くしたい」という二つの大きな目的が有り、料理と酒はその手段として、非常に大きなウエイトを占めます。

特に、共に酒を飲む時に気になることが、「お酌」の問題です。
上司、先輩、同僚には「お酌をしなければいけないの?」と言う疑問をお持ちの方が多いと思いますが、場所にもよりますが、忘年会では出来る限り、お酌をされる事をお勧めします。

特に和食の席では、せめて両隣りの方には、好みの酒を訊ねて、最初の一杯くらいは、お酒を注いであげて下さい。

自分の伴侶でもない人に、最後まで付き合う必要は有りませんが、最初の一杯は必要だと考えます。その後はどうするか?ですが、相手に寄りけれですので、臨機応変に対応されたらいいと思います。

席を立って酒をついで回る時には、ビール瓶や銚子を持って回るのではなく、先ず相手の前に行きます。そして挨拶をして、相手の好みを聞いて、そこにあるビールやウーロン茶などを利用して、酌をするのが良いと思います。

また、注いでもらう時には、グラスを受け、お礼を述べて下さい。
この時にも、「目を見る」と「笑顔」がポイントになります。

また、酒は飲める人、飲めない人の差が激しいですから、必ず相手の了解を得て注いで下さいね。

飲めない時には、「もう十分頂きました」「もうけっこうです」、と言って遠慮しないで断られたらいいです。

フレンチレストランでは、ワイン等を注ぐのは店の係りの人の役目です。
注がれる時にはグラスは置いたままです。そして、注ぎ終わったら、「ありがとう」の言葉をぜひ添えて下さい。
ここにその人の品格が出ます。

また、一番緊張するのが、普段あまり接触のない上司からの盃を頂く、「献杯」の時ですが、「ありがとうございます」「頂戴いたします」と言って、両手で受けて下さい。

その後、「ありがとうございました」と言って、相手にその盃を返します。
これを「返杯」と言います。

昔の日本では、豊作や家内安全等、何かと神様にお願い事をしていたわけですが、その際、神様に酒や野菜をお供えして、神事を執り行います。

そして、神事が終われば、神事に参加した人達がお供えした酒を皆で仲良く酌み交わして、交流を深めました。

「献杯」「返杯」には、このように、和を保ち、絆を深めると言う大きな意味が有りますので、勧められたら、相手の気持ちを素直に受け、前向きに受けて下さい。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1531《頼りにされる人になるための心構えとは?》

彼岸過ぎに街を歩いていると、秋の風に乗って、どこからともなくいい匂いが漂ってくることがあります。小さなオ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1530《人から頼りにされていますか?》

庭や野山の草花に宿る白露が秋の趣を深めるようになったら、春にやってきたツバメが日本から遠のき、南へと移動し...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ