コラム

 公開日: 2012-12-05 

マナーうんちく話407≪忘年会のマナー。服装と振る舞い≫

忘年会に参加するに当たり、「何を着て行こうか?」と迷われる方も多いと思います。ポイントは場所ですが、基本的には動作が容易に出来るファッションがお勧めです。

特に和室で会席膳!と言うような時には、正座が伴いますから、サイズをワンランク上げる位のゆとりが欲しいところです。また、女性はミニスカート、ブーツ、派手なメイク、露出度が高い服はお勧めできません。

フレンチレストラン等では、お酌をすることは殆どありませんが、和室は昔のしきたりを重んじる空間です。
服装も目上の人を立てる位の配慮が有っても良いですね。
さらに、お酌をするケースも多々ありますので、爪の手入れも大切です。

加えて、コート、マフラー等を部屋の中で脱ぐ人が結構いますが、これも感心しません。
部屋に入る前に脱がれる事をお勧めします。
このことは、マナーの差が大きく出るところです。

そして、自分の席に着いたら、先に座っている人に、「よろしくお願いします」と、声を掛けて座ります。

テーブル席なら左から座ります。
畳の部屋なら、マナーうんちく話《和室での礼儀・作法》を参考にして下さい。

そして会がスタートしたら、幹事や所属長等の挨拶に引き続き、先ず「乾杯」が有ります。

乾杯の起源は、江戸時代末期、当時の幕府の役人がイギリスの使節団を接待している時に生まれたのがその起源ですから、かなり古い歴史が有りますが、今では、喜びを表現したり、「楽しく飲みましょう」と言う意味に捉えたらよいと思います。

また、乾杯の時にも、素敵なマナーをわきまえている人と、そうでない人とでは大きな差が出ます。

このコラムでも何度も書きましたが、乾杯の時には、「一回一動作」の基本を思いだして下さいね。

ビールにせよ、シャンパンにせよ、要は、グラスを持ったまま起立しないことです。

先ず起立します。
次にグラスを持つ。
「起立」と「グラスを持つ」行為を、別々にするということです。
これで品位が保たれます。

なお、和室の場合は、基本的には、乾杯まで座ってしますが、皆が起立したら臨機応変に対応して下さい。

次に乾杯の仕方です。
基本的には、グラスは合わせませんが、ビールンのジョッキ等は合わせます。

グラスを合わす理由は、合わせることに寄り、「悪魔払いをする」とか、「毒殺を避ける」と言う説が有ります。

特に、西洋では毒殺が横行していたので頷ける話です。
ワインを飲む時にもグラスを威勢よく合わせていた時代も有ったようです。
もっとも、ワインを飲む器が鉄製だった頃の話ですが・・・。

ちなみに、グラスを合わすのを求められたら、軽く合わす程度で、お付き合いください。

参考までに、乾杯の要領は、グラスを持つ⇒乾杯の発生と共にグラスを眼の高さまで上げる⇒周囲の人と目を合わせ微笑む⇒口をつける⇒発生の音頭を取った人に目を合わし一礼する⇒グラスを置く⇒拍手をする。以上です。

好感を持たれるポイントは、笑顔を絶やさないことです。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1659《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食④」》

洋食にはいろいろな器があります。「フィンガーボール」もそうですね。使い方ですが、フィンガーボールは手...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1658《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食3」》

洋食はソースの種類が多く、しかもそれが誠に美味しいのが特徴ですが、前に頂いたフォークやナイフで次の料理を食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ