コラム

 公開日: 2012-11-30 

マナーうんちく話402≪喪中葉書を出す時・頂かれた時のマナー≫

今回は、この時期になると、冠婚葬祭講座で最もよく聞かれる「喪中葉書を出す時」「喪中葉書を受け取った時」のマナーに触れてみます。

前回お話ししたように喪中葉書の趣旨は、「私は喪中ですから年賀状を出す事を失礼します」と言うことです。

従って、喪中葉書を作成するに当たり、自分とどのような関係に当たる人が亡くなったら喪中にするのか?さらにその期間はどの位になるのか?により大きく異なります。

例えば自分の親が亡くなった場合と、伴侶の祖父母が亡くなった場合は、色々な面で異なります。

また、年賀状は夫婦連名で出していたから、喪中葉書も連名で出すのか?
加えて、誰に出すのか?自分の親族だけに出すのか?友人知人、あるいは取引先まで出すのか?非常にややこしい問題が浮上します。

明治時代の初期に、当時の最高官庁として設置された太政官により公布された「太政官布告」により、故人との続き柄に寄り、喪中期間が決められていたようですが遠い昔のことで、今の日本国憲法にはそのような記載は有りません。

大切なのは、喪に服し、自主的に自粛すると言う気持ちで、むやみやたらに喪中葉書を出せばよいと言うことではないと考えます。
従って、柔軟に対応されることをお勧めします。

極論になるかもしれませんが、故人との関係により、身内には喪中葉書を、取引先には年賀状を出す場合もあり得るかもしれません。

文面は、宗派による違いは無いと思いますが、時候の挨拶と、喪中のため年賀状を失礼すると事と、来年もよろしくお願いしますと言う内容だったら良いのではないでしょうか?故人との続き柄はお忘すれなく!

次に喪中葉書を頂かれた場合です。
喪中葉書は毎年予告なしに突然送られてきます。
突然の訃報を知りびっくりしたり、悲しんだりされた経験をお持ちの方も多いと思います。

その訃報に接した時に、自分との関係次第で、落胆の度合いは当然異なります。
天寿を全うしたような人の訃報だったら、有る程度は心の準備ができていますが、昔世話になった恩師や上司が突然亡くなられた場合、さらに若い人なら、驚きや悲しみも深いものが有ります。
いずれにせよ、故人との思い出に心が揺れることが多いものです。

喪中葉書で始めて相手の不幸を知った場合は、それが例え一年近く経過していても、お悔やみをしていただいたら結構です。

故人との関係にもよりますが、電話、手紙、あるいは直接予約を入れて伺うこともお勧めです。勿論香典も遅すぎることは有りません。手紙と共に現金書留で送られても良いと思います。

加えて、年賀状のかわりに、松の内が明けてから「寒中見舞い」を出される方法も有ります。

ただし、葬儀に出席したり、既に弔問をすまされているのに、喪中葉書が届いたら、改めて返信する必要は無いと思います。

その人の人柄にもよりますが、丁寧に対応されたいなら、喪中葉書を頂いたお礼と、こちらからも年賀状を出すのを控えさせて頂くことと、元気で過ごして下さいね等の、思いやりの言葉を添えた葉書を出されるのも良いですね。


日本は世界が経験した事のない超高齢社会であり、少子社会です。
産まれてくる子より亡くなる人の方が多い、「少子多死社会」だということですね。

だからこそ、死に対して、色々な意味でキチンと向かい合っていかなくてはいけない時代だと思っています。そのようなこともあり、前回もお話した通り、日頃から宗教に関心を持ち、自分なりの考え方を確立される事をお勧めします。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

54

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1546《365日を豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の土用」と「霜降」》

いつものことながら毎回歓迎できないものがあります。ましてこの時期の大型台風はご免こうむりたいものですね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ