コラム

 公開日: 2012-11-29 

マナーうんちく話401≪喪中はがきの知識ととらえ方≫

毎年この時期になると、頂いて嬉しくないものが有ります。
喪中葉書です。

「身内に不幸が有ったので、新年の挨拶は失礼させていただきます。」と言う葉書を受け取られる方も多いと思います。

特に私のような世代になると、親が天寿を全うする頃になるので、その数は年々増えてきます。

しかし亡くなるのは親に限ったことではありません。
その伴侶もいますし、中には人生半ばで召される人もおり、悲しみもひとしおです。

いずれの場合も、年賀状を控えるしきたりが有るようですが、この捉え方も、その範囲や期間なども明確ではありません。

ちなみに、日本は神様(神道)・仏様(仏教)の国ですが、お釈迦様の誕生日は今やほとんど祝うこともなければ話題になりません。

しかし、キリストの誕生を祝うクリスマスのイベントは、キリスト教国より早くから、しかも盛大にイベントを繰り広げているようです。
また、「ハロウィン」のイベントも年々盛大になっています。

加えて、今の日本の結婚式は、過半数以上のカップルがキリスト教スタイルで挙げています。しかし葬式は九割以上が仏式で執り行われています。

この状況を、どのように捉えるかは、人それぞれですが、宗教観が非常に曖昧な気がします。
日本の公立の学校では、宗教教育がなされていませんのでなおさらです。

従って、喪中葉書等も、出すべきか否か、誰に出すか?迷うところだと思いますが、私は、自分なりの宗教観を持つことが大切だと感じます。

幸いなことに、今は安価で解り易く解説した、宗教や仏教に関する本が本が沢山ありますので、ぜひ複数読まれて、自分なりの宗教観を持ち、それにより行動される事をお勧めします。

今回は、喪中葉書について参考になる、「忌中」と「喪中」についてお話しします。

昔は、死者が持っている穢れは、亡くなってしばらくの間は、その身内や周囲の人に移ると考えられていたので、穢れが移ると言われていた一定期間、遺族は周囲の人と交際を断つ必要が有りました。

この期間が49日で、これを「忌中」と言います。
そしてこの忌中はなかば強制的なものですから、この間はなにかと自粛しなければいけないことが沢山あります。

しかし、49日が過ぎれば、強制的に自粛する必要が無くなり、行動はかなり緩和されるわけです。つまり自粛するにつけても自主的になります。
この期間が「喪中」と言うことになります。
いつまでが喪中か?等は次回に回します。

それでは、このような決まりを、いつ、誰が決めたかと言いますと、「延喜式」により細かく規定されたわけです。

延喜式とは、平安時代の延喜5年(905年)に後醍醐天皇の命により編纂がスタートし、967年に施行された律令の施行細則で、全50巻約3300条から成ります。

今の六法全書のようなものですから、かなりの強制力が有ったわけで、1000年以上経過してもその考えが残っているのですから、考えてみれば日本の歴史はすごいですね。

ところで、身内が亡くなった際に、「来る正月は喪に服すので、年賀状を出すのを差し控える事」を「年賀欠礼」と表現します。
「欠礼」とは礼を欠く事、すなわち、「しなければいけない挨拶をしない」ことです。

そして「喪中葉書」は、年賀欠礼の通知のことです。
次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

46

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ