コラム

 公開日: 2012-11-09 

マナーうんちく話383≪マナー美人26「花」≫

立冬も過ぎ、木枯らしの吹く季節になると思いだす懐かしい曲があります。

かきねの かきねの まがりかど たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」 きたかぜ ぴいぷう ふいている

さざんか さざんか さいたみち たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」 しもやけ おててが もうかゆい

こがらし こがらし さむいみち たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」 そうだん しながら あるいていく

年配の方は良くご存知だと思いますが、「炊き火の歌」です。
戦中から戦後間もない頃に、広く愛唱された曲です。

私の小学時代によく歌った記憶があります。
当時は、晩秋から初冬にかけて、この曲がピッタリの雰囲気でしたから、自然に口ずさんだものです。

今でも、サザンカの花を見ると、当時の懐かしさと、焚き火の暖かさが思い浮かびます。
炊き火は、エアコンの暖かさとは違い、本当に暖かいものです。

落ち葉を掃いたり、その落ち葉を焼くようなことはなくなりましたが、考えてみれば、当時、炊き火の中で焼き芋をしたことを、懐かしいと思えること自体が、幸せだと感じます。

しかし、この歌にも、実は悲しい思い出が存在します。
戦時中の話ですので、平和な時代に生まれ育った私達には、想像さえできないことです。

戦火が厳しくなってくると、この歌を歌うことが禁じられました。
その理由は、炊き火は敵機の爆撃の的になるからです。
平和な時代には文化が栄えると言いますが、逆に戦争は文化を滅ぼします。
改めて、平和な時代に生きていることに感謝したいものです。
ところで、花が少なくなるこの季節に、ひときわ華やかに彩りを添えてくれる花が「サザンカ」ではないでしょうか?

漢字では「山茶花」と書きます。中国では、葉がお茶になる「山のお茶の木」を「山茶」といい、その木に咲く花だから「山茶花」と称したそうです。
椿科の花だけに、椿と勘違いする人が多いようですが、椿と山茶花の違いがお分かりでしょうか?

見分け方は簡単です。
椿はカップ状にさきますが、山茶花は平たく咲きます。
さらに椿は花ごと纏めてポトリと落ちますが、山茶花は花弁がバラバラに落ちます。

日本人は、昔から多くの花を愛でてきました。
桜も、椿も、菊も、品種改良も盛んに行われ、多くの種類があります。
菊で人形を作る国です。
また、「春の七草」も有れば、「秋の七草」も有ります。前者は食用で、後者は観賞用です。

「花の好きな人に悪人なし」と言われます。
合理的な根拠が有るか否かはわかりませんが、自然の木々や草花の名前を知っている人は、とても優しくて奥ゆかしい人に思います。

花や木の名前に通じている人は、自然に対しても思いやりが持てる人です。
ちなみに、山茶花の「花言葉」は、「ひたむきの愛」です。

山眠る頃に、人々の心を和ませてくれる、大変貴重に花に、相応しい花言葉です。

四季折々に咲く花を愛で、季節の移り変わりをキャッチできる人は、マナー美人で、心の優しい人です。
そして、一輪ざしの水を、小まめに変える人は最高です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1431《日本の幸福度と教育と感謝の心》

全国のトップを切って3月21日に早々と東京で桜の開花宣言がなされましたが、これから順次「桜前線」が日本列島を南...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1430《中高年に課せられた高度なマナーとは?》

日本では「春は嵐と共にやってくる」といわれますが、西洋では「春はライオンと共にやってくる」と言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1429《「弊社」と「当社」、好感をもたれるのはどちら?》

和風月名では3月は「弥生」ですが、他にも「雛月」「桃見月」「花見月」そして「夢見月」があります。いずれ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1428《ファックスを送信した。この時確認の電話は?》

春の陽気に誘われ虫達が地上に出て活動する時で万物が躍動する時です。姿勢を正し、心機一転希望のスタートを切...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちくばなし1427《お彼岸にはなぜお墓参りをするの?》

梅がそろそろ見納めになりましたが、桜はまだ早い。こんな時に目を楽しませてくれるのが桃です。気温が上昇...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ