コラム

 公開日: 2012-11-08 

マナーうんちく話382≪日本人と鍋料理≫

昨日は「立冬」で、暦の上では冬がスタートしました。
二十四節季では「立冬」から「立春」の前日が冬ですが、「冬至」から「立春」の前日が冬という捉え方も有ります。

いずれにせよ、今頃は、木枯らしが吹いたり、小春日和に恵まれたり、秋と冬が入り乱れる頃ですね。

この時期は、寒暖の差が激しくなり、身体がその変化に十分に対応しきれなくなるので、体調管理が大切です。

バランスの良い栄養と、睡眠をしっかりお取りいただき、ストレスは程々にしながら、元気でご活躍頂ければと思います。

柿にリンゴにミカンなど、果物が美味しい季節ですから、ビタミンをしっかり補うのもお勧めです。

そして、これからはなんといっても、「鍋料理」が美味しくなる頃です。
私は、鍋料理には熱燗ですが、皆さんは如何でしょうか?

ちなみに、ある調査では、日本人がひとシーズンに食べる鍋料理の回数は、平均11回だそうです。

また人気の鍋料理は、「水炊き」「おでん」「よせ鍋」「すき焼き」等ですが、地域性が大きいのが、鍋料理の特徴です。

大部分の鍋料理は、油を使用しないので、低カロリーで、ヘルシーなのが魅力的ですね。加えて、準備も簡単で、誰でも調理段階から参加でき、しかも、体の芯から温まるので、寒い時期にはとっておきの料理です。

しかし鍋料理の一番の利点は、なんといっても、一つの鍋に、思い思いの食材を入れ、皆の箸でつつくので、食べる人同士の親近感が湧くことです。

食事は、栄養補給をして、体を作る大きな目的がありますが、それだけではありません。

精神的満足もとても重要です。
食べる環境と食べる相手、そして美味しく楽しく食べることです。
そんな贅沢な要素を、丸ごと含んでいるのが、日本の鍋料理です。

外食では味わえない、大切な人や、家族の雰囲気を大切にした、個性豊かな鍋料理をプロデュースされるのも、お勧めです。
そんな時には、思い切って、食材を贅沢にこだわるのも良いかもしれませんね。

世界には、日本の「箸食」に加えて、「手食」と「フォーク・ナイフ・スプン食」という食法がありますが、外国の「手食」や「フォーク・ナイフ・スプン食」では、出すことができない雰囲気や味わいが、日本の「鍋料理」です。

家族、親族、友人、職場等における絆の希薄化が問題になっている今、皆で仲良く、ワケアイアイと鍋料理を囲み、楽しい会話に花を咲かせ、絆を深めて下さい。

日本には、神様と食を共にする「供食」があります。
正月のおせち料理はその典型的なスタイルですが、これは、神様と親密な仲になることを目的としています。

鍋料理も、皆で仲良く食べる「供食」です。
この共食は、人と人との絆づくりです。

この冬は、大いに鍋料理を囲み、多くの人達と絆を深められることを、お勧めします。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ