コラム

 公開日: 2012-11-07 

マナーうんちく話381≪マナー美人25「考え方」≫

今日は二十四節季の一つ「立冬」です。
「晴れの国」岡山では、殆ど稲刈りも終わり、人も動物達もいよいよ冬支度に取りかかる頃です。

立冬とは、冬の始まりと言う意味にほかなりません。
この場合の「立」は、始まりを意味し、立春、立夏、立秋とともに、四季の美しい日本にとっては、大切な季節の節目に当たります

そして立冬を過ぎると、「木枯らし」や「時雨」に見舞われることが多くなってきます。

ちなみに「木枯らし」とは、晩秋から初冬にかけて吹く、最大風速が8m以上の西北西から北向きの風のことで、「時雨(しぐれ)」とは、同じく晩秋から初冬にかけて、一時的に風が強くなり、急に降って止む雨のことです。「通り雨」ともいわれます。

加えて、この頃、まるで春のように暖かく、穏やかな陽気になる事を「小春日和(こはるびより)」と言います。

そして、街路樹の葉も次第に枯色になり、やがて風に吹かれて宙を舞いながら落ち葉になります。

木々が葉を落とすのは、水分の蒸発を防ぎ、冬ごもりの準備のためであり、春の芽吹きを待つためなのです。

春から夏にかけて青々を繁る葉も、秋になると葉の付け根が塞がれて、葉と枝との行き来が無くなります。
こうなると、葉には栄養も水分も届かなくなるので、葉の内部は、これまでとは大きく変化します。

緑の色素が崩れ、代わりに黄色や赤色の色素が新たに生じます。
これが紅葉なのですが、さらに時がたてば、葉は枝から離れて、枯れ葉になり、落ち葉になるわけです。この落ち葉は、森や畑のとっておきの栄養になります。
さらに、森で水を貯める、ダムの役割も担います。

今舞い落ちている落ち葉は、来年の春には、山々を緑に染める大きな役目も持っているのです。

一枚の落ち葉を見て、人生の儚さを感じるか?自然の精緻さを感じるか?では、大変大きな違いがあります。

温暖化防止とか、自然に優しくとか言うだけではなく、自然のことをもっと理解し、物事を前向きに捉えていくことが大切ですね。

自然の美しさや自然の精緻さを理解しないで、自然に優しくと言っても、インパクトはありません。

ところで、内角府の調査によると、若者の「社内ニート」が急増中とか。
不景気で仕事量が減ったためでしょうが、「仕方ない」ではすみません。
主体的に対策を講じる必要があります。

ニートにならないために、例え仕事を教えて頂けなくても、上司・先輩などから、「仕事を盗む」等の気構えが大切だと考えます。

「モノは考えよう」と言います。
つまり、なんでも考え方次第で、良くもなり、悪くもなると言う意味です。
そして、考え方を決めるのは自分自身です。

社会人になりたての頃は、戸惑うことも多々あります。
仕事も解りません。職場の人間関係しかりです。

辛いことがあって当然です。
ストレスも溜まります。

でも、この辛い経験を、将来充実した人生を築くための肥やしだと、前向きに考えれば、明るくなれるし、希望も湧いてくるはずです。
どうか、若いうちに、逆境の中で多様な経験を積んで、それを将来有意義に生かして下さい。

辛いことも人付き合いも、プラスの発想でできる人は、究極のマナー美人です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ