コラム

 公開日: 2012-11-04 

マナーうんちく話378≪飴と鞭≫

前々回は、自然や人に対して、「優しさ」はとても大切ですよ!と言うお話でした。
しかし、優しさだけでは不十分です。

子育て中の親や、教師、職場の上司は特にそうですね。
「優しさ」と同時に、「厳しさ」が大切です。

子どもや部下に優しく接する親や上司は比較的多いと思いますが、最近は、彼らのために、心を鬼にして、厳しく接することのできる人は少ないようです。

そうでなくても、今の子供や若者は、社会人になっても、充分やっていけるだけの、社会規範や忍耐力が欠けている気がしてなりません。

要は、小さい時に厳しく躾けられていないから、辛抱できないことが多過ぎます。これではいい結果に繋がりません。

頭も良くて、優しい気持ちの持ち主が、ちょっとした苦痛に耐えられないために、職場を去るケースが後を絶たないようです。

先日、厚生労働省が、入社して3年以内に辞めた人の、業種別割合の調査結果を公表しましたが、これによると、大卒では「教育・学習支援」は48,8%、次いで「宿泊・飲食サービス」が48,5%という結果になっています。

充分な経験を積まずして辞めたら、正社員として再就職が難しくなります。
日本は世界屈指の長寿国で、平均寿命は83歳です。

そんな時代に、23歳や24歳位で仕事に躓いたら、その先が長いだけに、今後の生活が大変です。

折角苦労して就活に励んで、やっと実現した就職ですが、必ずしも思い通りになるとは限りません。
学園から職場に入れば、学生時代と違い、苦労があって当然です。
それなりのマナーと、忍耐力は必要です。

マナーや忍耐力は、学生時代には、そんなに表面には出ません。
なぜなら、授業料を払って学校に行くからです。

しかし社会人はそうはいきません。
今度は、お金を稼ぐ立場になるから、マナーや忍耐力の差は顕著に出ます。
しかし、この時点で解ったのでは遅すぎます。
いずれも、社会人になる前に、しっかり身に付けて下さい。

また、親や教師は、子供や生徒・学生に対し、注意したり、叱らなくてはいけない時には、キチンと注意したり怒って頂きたいものです。

このコラムでも、何回も取り上げている「食事の仕方」もそうです。
食べ方は、全ての基本になりますから、姿勢を正す、箸を正しく使用する、
好き嫌いなく食べる等などは家庭でも学校でも厳しくしつけるべきです。

姿勢を正して食べることだけでも、ストレス教育に繋がります。
嫌いな物も感謝の心で、美味しく食べる努力は、やがて忍耐力の向上にもつながります。

褒めることもたいせつですが、注意したり、叱ることも必要だと言うことです。
この際、人前で、感情に任せて注意したり、叱ってはいけません。

だれもいないところで、子どもや部下の健全な生き方を諭すような、注意の仕方や、叱り方が大切です。
これがいわゆる「愛の鞭」ではないでしょうか?

小学校や中学校時代に、優しく接してくれた先生も良かったが、厳しく叱ってくれた先生は、なぜか今でも心に残っています。

「飴と鞭」。
上手に使って頂きたいものです。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1396《どうしても嫌な人との接し方》

日本は世界屈指の長寿国です。つまり世界で一番長い気が出来る国ですが、問題は長生きを競うより、長い人生をい...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ