コラム

 公開日: 2010-09-05  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話 2≪箸使いのマナー≫


箸使い!あなたは自信ありますか?

最近「和の礼儀・作法」についての講演・セミナーが多いです。
社会に巣立つ学生、自分磨き中の女性、指導的立場にある人、お孫さんがいらっしゃる年代の人等など様々な方が対象で、当然話の内容も異なりますが、いつもお尋ねすることがあります。

「箸使い」についてです。
日本人としていちばん身近なことだと思いますが、意外や意外、「箸使い」に関して自信がある人が少ないのには驚きます。

しかし、改まった席、デートの時、上司との食事の時に箸使いが気になる人は圧倒的に多いようです。

箸はもともと神様・仏様にお供えをするときに使用されたので、殊のほか美意識や礼儀・作法が尊ばれ、IT万能の今でも他人や自分の箸使いが気になります。

そこで今回は、箸に関する≪様々なお話≫と≪品の良い礼儀・作法≫をお伝えします。

①「世界3大食法」
 世界には「手食」「フォーク・ナイフ・スプン食」「箸食」の3大食法があり、そのうち箸食は30%だといわれており、日本、中国、朝鮮半島、台湾、ベトナム、タイなどです。

②箸のタブー(嫌い箸)
 箸のタブーが存在するのは日本だけですが、皆さんはいくつご存知でしょうか?
約70ありますのですべて覚えるのは無理ですが、「逆さ箸」「渡し箸」はとくに注意が必要です。
私は嫌い箸をいちいち覚えていただくより、正しい箸使いをお勧めしています。

タブーとされる理由が大切ですね。
それは1、共に食事をする人に不快感を与えない
2、縁起でもない 3、命の源になる食べ物を橋渡ししてくれる道具だから心をこめて扱う。以上です。
江戸時代に確立されましたが、それなりの理由がキチンとあり、箸は日本人の心を映す鏡だったようですね・・・

③箸の格式
 日本人は箸にも格式を付けました。順に
1、祝い箸⇒柳の白木でつくられ「祝い膳」を食するときに使用します。子供・大人・男女にかかわらず8寸の長さの「神人共食用」です。

2、割箸⇒お客様をもてなしするときには、まだ誰も使用していない割箸を使います。おもてなしの心を大切にした江戸時代の人が作りました。

3、個人箸(手元箸)⇒それぞれ限定した人が使用します。
いわゆる「マイ箸」ですね。


④品の良い箸の持ち方・扱い方
・下の箸に、薬指の先端と親指・人差し指の股部で固定します。そして上の箸を親指、人差し指、中指の3本で動かします。ポイントは下の箸を固定することです。

・箸全体の上部3分の1のところを持ちます。箸の上側2センチくらいあけて下さい。

・箸をとるときは、[箸の真ん中を右手で取り]⇒[左手で下から添え]⇒[さらに右手に持ち直す]。
この動作を1,2,3拍子でするのが、美しい箸使いのポイントです。

・箸を置くときは「箸置き」に置くのが基本です。
話をするとき、聴くときはキチンと箸をおいてください。

・お椀は本来持ちあげるものですが、その時は、最初にお椀⇒次に箸を取るのが美しい所作です。

姿勢を正して実行してください。
品が上がります。


⑤箸を正しく持つと次のような効果が期待できます。
1、姿勢が良くなります
2、料理を綺麗に食べれます
3、料理を残さなくなります
4、食材や料理を作ってくれた人に感謝の気持ちがわきます
5、ストレス教育になります
6、また子供の成長段階における箸使いは、脳と手の発達に大きく貢献し、手先が器用になったり、落ち着きが出たり、性格が明るくなったりり等で、素晴らしい効果が多く報告されているようです。

このことは当然大人にも当てはまります。

ぜひ参考にして下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ