コラム

 公開日: 2012-11-03 

マナーうんちく話377≪文化の日に寄せて≫

今日は11月3日、「文化の日」です。
文化の日は「あること」を記念した日ですが、あることとは何かご存知でしょうか?

敗戦間もない1946年(昭和21年)に、平和と文化を重視した「日本国憲法」が公布されたことを記念して、1948年(昭和23年)に公布・施行された「祝日法」で「文化の日」と定められました。

この日は、文化をたたえる行事として、日本において、文化の発展に寄与した人々に、皇居で文化勲章の授与式が行われます。

まだ記憶に新しいですが、ips細胞の開発でノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった、京大の山中教授もその内の一人ですね。おめでとうございます。

これが縁で、日本及び世界中の医療に、益々貢献して頂きたいものです。

そして11月3日は、統計学的に晴れの日がとても多い、気象上の「特異日です」。
さらに語呂合わせで、「ミカンの日」(いいミカン)、お産の日(いいお産)でもあります。

ところで、最近国際化の進展に伴い、外国の文化がどんどん日本に入っているのは承知の通りです。

また、国際化に対応するための色々な政策もとられています。
小学生に英語を教えることも、その一環でしょう。

それはそれで必要な事で、決して否定するものではありませんが、私の持論は、「国際化が進展すればするほど、日本の素晴らしい文化や礼儀・作法を外国に向けて発信する」ことです。

特に、日本の憲法は「平和」を大変重要視しています。
それを裏付けるように、日本は1945年(昭和20年)に敗戦を迎えて以来、67年間戦争に無縁です。
世界の主だった国で、67年間も戦争に無縁の国は殆どありません。
これは、日本が世界に誇ることです。

さらに、日本の礼儀作・法は、「平和な社会背景」から生まれています。
戦争に明け暮れた社会から生まれた、西洋のマナーとは大きく異なります。

そのせいだと思いますが、日本は、治安も世界一良いし、他殺率も世界最低です。また、平和な社会からは、豊かな文化が生まれると言いますが、日本の平安時代や江戸時代は、まさにその典型的な例です。

特に、「襖」や「障子」の文化は、その構造も素晴らしいですが、これには鍵がありません。鍵がなくても良い社会だったわけですね。

「お辞儀」の文化でもそうです。
日本は、人間にとって、一番大切でしかも弱い頭を、無造作に相手に差し出せる国なのです。
これは、危機管理を意識した西洋の「握手」とは正反対です。

握手は、友好の印として利き腕を差し出し、手を握り合う挨拶ですが、この際相手の目を見ます。これは油断してない態度を表明しているからだと思います。
戦争に明け暮れた歴史の西洋では頷けることです。

今、地球上の大きな課題は紛争・内戦・戦争です。
これらは、飢餓の原因にもなります。

世界中が平和になるために、日本国憲法や、日本の礼儀・作法の概念はとても役に立ちます。

幼い頃から英語を学ぶのも良いのでしょうが、先ず、自国の平和な歴史や文化や礼儀・作法をしっかり学び、次に外国の文化を尊重するのが順序だと思うわけです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1486《便利な暮らしから「丁寧な暮らし」のお勧め》

現在地球上には190余りの国が存在し、約76億人の人が生活していますが、中でも12700万人の日本人は大変...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1485《物の豊かさから心の豊かさを「精神的成長」のお勧め》

日本はここ半世紀の間物質的には大変豊かになりました。衣食住においても世界屈指と言えるでしょう。勿論とて...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1484《本当に品の良い人とはどんな人なの?》

そこにその人がいるだけで場が明るくなったり安らいだり・・・。そんな光景を長年ホテルでの接客の仕事を通じて...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1483《「親孝行。したい時には親はなし」。親孝行のお勧め》

世話になった人や周囲の大切な人に対して「ありがとう」の気持ちを表現する事はとても大切だと思います。伴侶に...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1483《6月21日は夏至。夏の「短夜」をどのように過ごしますか?》

6月は旧暦では「水無月」と呼びますが、この時期になると日本では北海道を除き全国的に一年で最も雨が多い時です...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ