コラム

 公開日: 2012-11-01 

マナーうんちく話375≪晩秋の輝きとなつかしい味覚≫

日本は、南北に細長く、四季の美しい国で、国土の約7割が山で覆われた国です。そして、その山の表情も四季により全て異なります。

自然と仲良く共生して、感性の豊かな日本人は、四季の様々な情景にマッチした山に、とても素敵な名前を付けました。

春になって百花僚乱になった山は「山笑う」、青葉・若葉で覆われる夏は「山滴る」、木々の葉が全て落ちつくした枯れ木の山は「山眠る」、そして赤や黄色く美しく色づいた秋の山は「山笑う」と表現しました。

これらに加えて現代人は、四季の移ろいの中でも特に美しい、春の桜の開花状況に「桜前線」、秋の紅葉の移り方に「紅葉前線」と、これまた大変美しいネーミングを付けました。

恐らく、このように自然の移ろいを敏感に、かつ優雅に味わうのは日本人だけではないでしょうか?

今日から11月。
霜が降り始めるから「霜降月」が転じて、「霜月」と言います。
「紅葉前線」が気になり始める頃ですね。
紅葉前線は桜前線とは逆で、日本列島を北から南に南下します。

「青葉」「色づき始め」「紅葉見ごろ」「色あせ始め」等と表示されますが、皆様方の地域では如何でしょうか?

世界で一番美しいと言われる日本の紅葉。
そして、それを飲食と共に観賞する「紅葉狩り」。
日本人ならではの伝統行事が今年も楽しみです。

そして、日本の秋を代表する果物と言えば「柿」です。
秋の果物には「葡萄」「梨」「リンゴ」「ミカン」「栗」「無花果」等など、沢山有りますが、中でも、一番日本的な果物といえば「柿」です。

その柿は、「甘ガキ」と「渋ガキ」に分かれることはご存知の通りです。
甘ガキはそのまま食しますが、渋ガキは、当然渋くて、そのままでは食べられません。
山の柿は、甘ガキだったら動物が好んで食べますので、この時期まで熟れ残ることはまずありません。この時期になっても、たわわに実っている柿は、まず渋ガキです。

その渋ガキを、先人は「干す」ことにより、渋を抜き、美味しく食べられるように工夫しました。
これが、正月には必要不可欠の縁起物である「干し柿」です。軒下につるしておくので「吊るし柿」ともいいます。

西洋には、「リンゴやトマトが豊作になれば医者がいらなくなる」と言う諺がありますが、日本では「柿が赤くなれば医者が青くなる」と言う諺が存在します。
それくらい、柿は日本人にとってなじみの深い果物なのです。

ところで皆さんは、渋ガキをおもい切りかじった経験がありますか?
私の幼い頃は、食べ物にも不自由していたので、渋ガキか甘ガキかは解りませんので、腹が減った時におもい切りかじってひどい目に遭った経験があります。

「馬鹿げたことを!」と思われるかもしれませんが、このような経験をして、生きる知恵を修得していくわけで、とても大切な経験だと思います。

その点、最近の子どもは、恵まれ過ぎて、渋ガキを食べたことがないので、「渋い」という味覚を知らないそうです。

可愛い子どもに、あえて苦渋の思いはさせないと言う親心ですが、良く考えてみれば、渋いという味覚に縁遠くなった子どもは、かわいそうな気がします。

食育が問われて久しくなりますが、楽しいイベントばかりではなく、是非、渋ガキ等の味も体験させていただきたいものですね。

紅葉前線がやってくる頃に、思い出したように「柿」が恋しくなりますが、幼い頃の苦い経験が懐かしくなるからでしょうか?

世の中は、甘いものばかりではなく、渋い物や苦い物も多々あるということを、幼い時に理解するだけでもいい勉強になります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1370《プライベートにもビジネスにも参考になる「三脱の教え」》

原発事故で非難してきた子どもへのいじめが報じられています。もっとも止めて頂きたいいじめで心が痛みます。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ