コラム

 公開日: 2012-10-30 

マナーうんちく話373≪マナー美人21「生き方」≫

「和食」「洋食」「立食」のテーブルマナー講座の時に、毎回参加者に質問することが2つあります。

一つ目は、「台所と食卓が綺麗ですか?」ということです。
二つ目は、「冷蔵庫の中が綺麗ですか?」ということです。

多少なりの参加費と時間を掛けて講座に参加されるような人は、向学心が強く、マナーにも関心が高い人が多いのですが、残念ながら、このような方でさえ、台所や食卓、さらに冷蔵庫の中が自信を持って、整理・整頓が生き届いて、美しく保たれている!と答えられる人は非常に少ないのが現状です。

日本人は、世界で一番豊かな食生活をしています。
豊かさの内容は、先ず台所の調理器具や食器が豊富である事、次に食材が多い事、さらに安心・安全な国であり、衛生的であること。加えて大変豊かな食文化を育んでいることです。

世界中の人口約70億人の内、実に12億人が貧困で、8億人が恒常的栄養失調に陥り、1日に数万人が、飢餓が原因で命を落ちしている現状からみれば、大変恵まれ過ぎています。

しかし、「孤食」が増えています。
また、料理ができない子どもは、世界で一番多いと思います。
そして食べ方が感心しません。

そして、家庭内で唯一、団らんの場であるダイニングや台所が整理・整頓されていない家庭が多いです。

冷蔵庫の中も、食材があり過ぎて整理が生き届いていません。
だから、当然無駄が出ます。
その結果、世界一食品廃棄物を排出する国になっています。

台所や冷蔵庫は生きるために一番必要な所です、
今、収納術がブームになっていますが、なにおさし置いても、一番美しく保ちたい場所だと思います。
そして、何でも美味しく食べることです。
食べ残しは大敵です。

ところで、お宅の家や職場のゴミ箱はいかかでしょうか?

ゴミ箱のゴミは、半分位になったら捨てますか?あるいはゴミ箱にゴミが一杯詰まってきたら捨てますか?
ここにその人の品格が現れます。

今の子供やサラリーマンは、自分でゴミを捨てる人は少ないと思います。
子どもは親が掃除してごみを捨ててくれるし、職場では専門の業者が入っているところが増えています。

そして、今の日本は大量生産の大量消費で経済が成り立っています。
大量消費になれば、それに伴いゴミも多く出ます。
その排出された多くのゴミを、収集して廃棄処分するのが年々困難になります。
だから、各自治体は、ゴミに対し、料金を加算したり、仕訳を厳しくしています。

こんな状況下にあって、まとめ買いでなく、コマメに賢い買い物をして、整理整・頓を心がけ、無駄をなくして、少しでも家庭からゴミや食品廃棄物《食べ残し》を少なくする努力をしている人は、究極のマナー美人で、生き方美人です。

そして、ゴミ箱にゴミがたまれば、その時点でコマメにゴミを捨てることをお勧めします。

また、家庭や施設等から出る「生ゴミ」は、その処理が大変です。
自分のところで処理できればいいですが、都会では無理です。
そこで、生ゴミの水を切るだけでも心がけて下さい。
これだけで、焼却炉の燃焼効率が大きく異なります。

一人ひとりが、出来ることから心がけていくことが、自然に対するマナーです。
そして、家庭や職場の食卓をきれいにしてみてください。
人間関係が改善されますよ・・・。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ