コラム

 公開日: 2012-10-27 

マナーうんちく話370≪今夜は月見酒と洒落込んで!≫

9月30日の中秋の名月(十五夜)は、台風の影響で見ることができなかった地域もあると思いますが、夕方から晴れて、美しい月夜を満喫された方も多いと思います。

十五夜を、楽しんだ人も、見逃した人も、今日の「十三夜」を是非お楽しみください。良い天気に恵まれそうです。

以前に説明しましたが、旧暦では7月が初秋、8月が仲秋、9月が晩秋になり、一月前の9月30日は旧暦の8月15日で「仲秋の名月」でした。

そして、今日の10月27日は、旧暦の9月13日ですから「十三夜」の名月になります。

十五夜の満月に比べ、やや欠けている月ですが、完全に丸くない月を愛でるのが、当時は良かったのでしょうね。

そういえば、扇子を使用する時にも、扇子を全開しないで、少しだけ残してあおぎますね。

また、「一つ残し」と言う食べ方のマナーも存在したようです。
「遠慮深い」とか、「最後の一つは神様・仏様の分」だという説がありますが、いずれも合理的な理由だとは思いません。

しかし、十三夜の月も、扇子を使用する時も、完全でないだけに、「いつかは完全になる」という望みを託すことができます。

全ての物に、利便性や物質的な豊かさを追求する現代人には、とても理解できない心情ですね。ちなみに、十五夜は中国から伝わりましたが、十三夜は日本独特の風習です。

加えて、十五夜を見たら、十三夜も見なければいけないそうです。
江戸時代の遊女が、十五夜に来てくれた客を、十三夜のリピーターにする戦略で有ったと言う説もあるようですが、定かではありません。

ちなみに、十五夜は「芋名月」と言われ芋をお供えしますが、十三夜は「栗名月」「豆名月」と言われ、栗や大豆をお供えします。

しかし、旧暦の、8月は「十五夜」なのに、9月はなぜ「十三夜」なのか?
その理由は色々と調べてみましたが、明確な理由は解りませんでした。

ところで、昔の人にとって、月の存在で一番ありがたいのは、なんといっても「明かり」だったと思います。

次に、農作業の参考になる満ち・欠けでしょうか。
但し、農作業をしなくてもよい一部の高貴な人は、風情を楽しむことだったのかもしれませんね。

酒呑みの風物詩は、春の「花見酒」、冬の「雪見酒」、そして秋の「月見酒」がありますが、今夜は、大切な人と、しんみり「月見酒」と洒落込では如何でしょうか?

日本人をしっかり意識しながら、昔の人と交流されるのもお勧めです。
加えて、美しい月を見ながら、酒を酌み交わす相手がいる幸せをかみしめて下さい。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1621《今流の男の礼儀作法④「礼儀作法は教養の代名詞であり、生活の必需品だった

経済力や地位が高まれば次に望むものは知性や教養というのは古今東西普遍のようですね。「衣食足りて礼節を知る...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1618《どう思う?「ブランド志向」》

頭の先からつま先まで!ブランド商品で固めた人をよく見かけるようになりました。それだけ物が豊かになった...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1617《今流の男の礼儀作法③「礼儀作法は本来男のために作られた」》

マナーに関する講演や研修をかれこれ1000回近く行っていますが、その9割以上は学生、若者、女性対象です。...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ