コラム

 公開日: 2012-10-25 

マナーうんちく話368≪マナー美人⑱「社交辞令」≫

家に客人が来ました。
客室に通して、茶菓でおもてなしをしながら一時間ばかり話しをしたところで、客人がおいとまを切り出しました。
あなたは、まだ、ある程度時間的なゆとりがあるとします。

この時あなたは、客人を、いったん引きとめますか?言われるままにおいとまして頂きますか?どちらのタイプでしょうか。

どうしたものかと、迷われるところではないでしょうか?
どちらが正解で、どちらが不正解と言うことはありません。
この場合は、あくまで自分の気持ちに素直に対応されたらいいと思います。

すなわち自分が、この人とならもう30分位、話をしてみたいと思われたら、引き留められたらいいと思います。
しかし、正直、やれやれと思われたら素直に見送りをされたらいいと思います。

では、久しぶりに友人に会い、別れ際に、「またお茶でも飲みにいかない?」「いつか食事でも行かない?」、あるいは「近じか、一杯いこうや?」等と言いませんか?
また、このように言われた経験は有りませんか?

これがいわゆる「社交辞令」ですが、この場合も、本当に、またゆっくりと、共にお茶を飲みたいとか、食事でもしながら積もる話がしたいと思われたら、そのように誘われたらいいと思います。

この時の誘い方は、「今日は本当に会えてうれしかった。立ち話だったので、今度ゆっくり時間を取ってランチでもしない?」。「私は○○月の○○日なら都合がつくけど如何?」と、具体的に日時まで示して、食事やお茶に誘うことができる人はマナー美人です。

相手にその気があって、○○日に相手も都合が良かったら誘いに乗れるし、相手にその気があっても、都合が悪かったら、日時の変更を求めてきます。

また、「いつか食事でも?」と誘われて、相手がそれを本心で言っているのか?単なる社交辞令か?を見極めるには、誘われた時点で、「誘って頂いてありがとう。嬉しいです。ところで私は○○月の○○日なら都合が良いですが、いかがですか?」と言って、具体的な日時を申し出てみられるのも一つの手です。

ちなみに社交辞令とは、プライベートやビジネスの場面において、物ごとを円滑に進めるために言葉にする、儀礼的な褒め言葉や挨拶で、潤滑油のようなものです。

比較的多く用いられる言葉は、ビジネスシーンでは「また飲みに行きましょう」、プライベートでは「お近くにこられたら是非おより下さい」等です。

一見スムーズにいくようですが、見解の相違でトラブルになることも有ります。こちらは社交辞令のつもりで軽い気持ちで発したのに、相手にまともに取られて多大な迷惑をかけることも有ります。

だから、社交辞令は言わないのがマナーです。
言ったら、実行が伴わなくてはいけません。
その気がないなら、言わないことです。
特に相手が外国人の場合はご注意ください。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1650《知って得する「ありがとう」の言葉が伝わる素敵な言葉②》

〇「身に余る」日本人は謙虚を美徳としてきましたが、「身に余る」とは自分にはもったいないほどの素晴らしい」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ