コラム

 公開日: 2012-10-23 

マナーうんちく話366≪里の秋≫

「秋深き 隣はなにを する人ぞ」

晩秋の頃、松尾芭蕉が隣家の団らんに思いをはせた句ですが、皆様方は如何お過ごしでしょうか?

10月23日は二十四節季の一つ「霜降(そうこう)」です。
秋が深まり、そろそろ霜が降りる頃と言う意味です。

その年の秋から冬にかけて初めて降る霜を「初霜」と言いますが、岡山県でも県北と県南では大きな違いがあります。

いずれにせよ、都市部ではあまり実感が湧きませんが、中山間部では、山も川も街並みも、すっかり落ち着いた佇まいになり、「静かな里の秋」といった表現が似合う頃になりました。

静かな静かな 里の秋 お背度に木の実の 落ちる夜は
ああ母さんと ただ二人 栗の実煮てます いろりばた

あかるいあかるい 星の夜 鳴き鳴き夜鴨の わたる夜は
ああ父さんの あの笑顔 栗の実食べては 思い出す

さよならさよなら 椰子の島 おふねにゆられて 帰られる
ああ父さんよ ごぶじでと 今夜も母さんと 祈ります

斉藤信夫作詞 「里の秋」。
日本の小学校の教科書に長く採用されていたので、誰もが知っている、日本の秋の原風景をうたった童謡ですが、この歌の逸話をご存知でしょうか?

童謡や唱歌は、それなりのコンセプトの元、季節の風物を詠ったものが多いわけですが、秋を代表する歌は「紅葉」と「里の秋」ではないでしょうか。

日本は世界屈指の四季の美しい国ですが、中でも秋の紅葉は世界一美しいと言われており、その情景をうたった「紅葉」は、まさに日本の秋を代表する歌ですね。

ところで、この「里の秋」の曲ですが、一番は故郷の秋をお母さんと共に過ごしている様子が描かれており、二番は夜空の下でお母さんと一緒に遠くにいるお父さんのことを思っているシーンです。

いずれも平和で、のどかな日本の家庭の様子を、頭に描かれる人が多いのではと思います。

しかし、この歌の大きな存在感は、三番に有るようです。
三番は、お母さんと共に、お父さんの無事な帰りを願っている場面です。
問題は、なぜ無事な帰りを願っているのか?です。

お父さんが、仕事や旅行に行って、その無事な帰りをお母さんと待っているのではありません。
実は、お父さんは戦争に行っていたのです。

日本は、昭和20年に敗戦を迎えましたが、それに伴い、南方や大陸の各地から多くの軍人・軍属・民間人が日本に帰ります。
戦争に負けて帰るわけですから、全員、多かれ少なかれ、身体も心も傷ついています。

NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の初めの頃に、終戦当時の歴史的情景が多々ありましたが、そのシーンを参考にして頂ければと思います。

大変美しい旋律の「里の秋」は、改めて、平和の尊さや大切さを痛感する曲だと感じます。
そして、この曲を作詞した斉藤さんは、小学校の詞を書くことが大好きな先生でした。
次回は斉藤先生の素晴らしさに触れてみます。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ