コラム

 公開日: 2012-10-19 

マナーうんちく話362≪マナー美人⑯「グルメ」≫

今年も稲刈りが大部分の地域で無事終わり、「新米」が楽しみの頃になりました。
ちなみに、その年に収穫された米を「新米(しんまい)」と言い、前の年に収穫された米を「古米(こまい)」と言いますが、新米と古米の区別は難しく、はっきりした定義はないようです。
あまり先入観を持たない方が良いかもしれませんね。


山や海の幸に恵まれる日本の秋。
食料自給率がわずか40パーセントでありながら、世界一の「飽食」「美食」に有り付ける、国と時代に生活できる幸せを改めて感じます。
しかし、豊かにはなったが、食べる行為に対し、多々ある矛盾には閉口します。

日本人のグルメ志向は、もはや半端ではありません。
テレビ・ネット・書物等など、グルメに関する情報は氾濫しています。
そのことは、何も悪いことではありません。
むしろ喜ばしいことです。

ただ、グルメブームの背景に有る社会現象には理解しづらい点が多く有ります。
今の時代は、マスメディアの力が大変大きいのが特徴です。
便利で、ありがたいことですが、それが過剰になって来ると矛盾が生じます。

例えば、味よりも、贅沢な素材がグルメの実態のような報道が多すぎる気がします。鰻、松茸・ふぐ、松葉ガニ、さらにキャビア・トリフ・フォアグラ等など、今のグルメの実態は、高価で贅沢な食べ物に有るようです。

日本は昔から、質素倹約を美徳とする「一汁一採」という献立がありましたが、今は贅沢が美徳になりました。

過度とも思えるコマーシャルの結果だと思いますが、大切な事は、高価でない食材にも沢山美味しいモノがあり、それらを真心こめて、美味しく調理できるか否かではないでしょうか?
加えて、それらを皆で、楽しく、和気アイアイと食すか否かです。

最近、水や食材にもブランドを気にする人が増えていますが、水道派の私はまったく気にしません。第一、水の味の微妙な違いは正直解りません。

米もそうですが、例え古米であっても、炊きたてなら充分美味しいです。
勿論、収穫したての米の美味しさは格別です。
しかし、新米の美味しさ謳歌するだけでなく、「いただきます」「ご馳走様」の心も、皆で共有することが大切だと感じます。

ちなみに、米には大きく分類して「ジャポニカ種」と「インディカ種」があり、日本では前者を生産しています。

さらに、日本のコメの調理はとてもユニークで、白米を洗米して炊飯して食べる方法です。このようにして炊きあがった米が美味しいご飯になり、焼き魚やみそ汁や漬物と共に食べる、日本独特の食スタイルが生まれたわけです。

ところでグルメ(gourmet)とは、料理の知識や味に精通している人で、主として贅沢な素材をふんだんに使用した高級料理店の料理を探求する人のようです。

これに対し、手頃な価格で味わえる庶民的な美味しい料理を、あえてB級グルメと呼んでいますが、食べ物をA級とかB級とかに分類すること自体が、おかしいと思いませんか?

高級食材の味に精通することも大切かもしれませんが、例えありふれた食材で、それが思ったより美味しくない料理にでも、食べることを楽しみ、楽しい雰囲気を醸し出される人はマナー美人で、本当のグルメだと思います。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1578《「形」より「心」!? 本当のマナー美人になるには・・・。》

マナーは時と場合により発揮の仕方は異なります。不易流行的側面もあります。だから様々な経験を経て、苦労し...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1577《勧善懲悪とマナー》

前回赤穂浪士に触れましたが、それに匹敵するくらいミリオンセラーになったのが水戸黄門ではないでしょうか。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみ...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ