コラム

 公開日: 2012-10-18 

マナーうんちく話361≪お返しのマナー≫

日本では、贈り物を頂いた時に「お返し」をするという、世界でも大変ユニークな習慣があります。

但し、お返しは、全ての場合にするのではなく、しなくてもいい場合も多々あります。

お返しを、「した方が良いケース」と「しない方が良いケース」。
大変ややこしいようですが、人間関係をスムーズにするために覚えておく必要があります。

ところで、お返しの起源ですが、日本では古来より、婚礼や葬儀などの際に、野菜や米などを持ちより、相互扶助のシステムを作っていました。
例えば、葬式の際の「米香典」等です。

そして儀式が終わると、残った野菜や米は皆に還元したわけで、その名残が今の「お返し」です。

頂いたものを全て自分の物にすればいいのですが、それでは借りを作ることになります。さりとて、全部返すと、せっかくの思いやりを無駄にすることになりかねません。
だから、大体半分を目安に、お返しをするという習慣ができたわけです。

慶事や弔事に対して「贈り物」や「お返し」をする、日本人ならではの美しい習慣は、このようにして根付いていきました。

そして、お返しを必要とするのは、大きな喜び事が多いようです。
例えば、結婚・出産・受章(賞)・長寿等です。

また、「内祝い」は、日頃からお世話になっている人に対し、喜びを「おすそ分け」する祝い事でしたが、大勢の人を家に招いて盛大に宴を催せば、費用もかさみ仰々しくなるので、贈り物に替えたわけです。

お返しのタイミングですが、先ずはお礼を述べて、お返しは大体20日から30日くらい経過してからが妥当です。
贈り物を頂いて、早速お返しをしたら、かえって「相手に迷惑だったかな?」と思われます。

加えて、香典などに対するお返しは、仏式では49日の法要が終わり、あいさつ状と共におくるのがしきたりでしたが、これは、「たしかに故人にお供えしました」という報告の意味も含まれています。
但し地方により異なります。
葬儀の当日に「会葬御礼」と共に、香典の額に関わらず同じ物を渡す場合も多々あります。


一方、入園・入学・卒業・就職・成人の祝い、さらに災害見舞い・引っ越し祝い・餞別、お歳暮・中元は、お返しの必要は無いとされています。
但し、お返しの必要がないだけに、礼状などで、より丁寧なお礼をしなければいけません。

ちなみに、バレンタインのチョコレートを頂いた男性は、一月後の3月14日にお返しをしなければなりませんが、これは「ホワイトデー」と言われ、お菓子組合が作った習慣だそうです。
いずこの業界にも、賢い方がいらっしゃいますね。

最後に、昔からある「お移り」は、器や重箱などで贈り物を頂いたら、その器にお返しを入れて返す習慣です。

昔は半紙やマッチが多いかったのですが、紙は神、マッチはマッチの「硫黄」を「祝う」に掛けています。今ではクッキーなどのお菓子が多いようです。

「お移り」は、贈り物を頂いた相手と、「これからも末長く縁が続きますように」とか、「喜び事がこれからも有りますように」との願い事が込められています。

日本ならではの「お返しの風習」は、早い話し、人間関係を良好に保つための良き手段だったようです。

本来の意味を正しく理解すれば、旧来の風習だと言ってむげにはできませんね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ