コラム

 公開日: 2012-10-06 

マナーうんちく話352≪日本人と松茸≫

食べる喜びは世界中誰もが知っています。
一番幸せを感じる時はどんな時ですか?の問いに、「美味しいモノを食べている時」と答える人は多いのではと思います。

実際、人にとって美味しく食べられることは最高の幸せです。
そして、日本は四季に恵まれた、世界一の「飽食の国」「美食の国」です。
四季折々に、「味覚の王者」と呼ばれる海の幸・山の幸があります。

例えば、春の味覚の王者「竹の子」、夏の「鮎」、冬の「フグ」、そして実りの秋・食欲の秋の味覚の王者「松茸」。

ところで、茸類は美味しく、ダイエットにもよく、一部を除き安価で、栄養価も高いのですが、種類が多過ぎて、未知の部分が多いのが難点です。
しかも、毒茸が多いから、うかつには食べられません。

世界中には10000から20000万種、日本だけでも5000種の茸が存在すると言われておりますが、全てが解明されているわけではなく、まだ名前さえついてない茸が多いのが現状です。

その内、食用になるのは10分の1以下だそうです。
ちなみに世界中で一番多く食されている茸は、洋食によく使用されるマッシュルームです。

日本ではシイタケが最もポピュラーですが、なんと言ってもマツタケの魅力は格別です。平安時代には、貴族社会で「松茸狩り」の風習が有ったくらいです。

また松茸は、天婦羅、すき焼き、土瓶蒸し、吸い物等、食べ方は様々ですが、残念ながら、供給が少なくなり、簡単に口に入るモノではなくなりました。

だから、輸入物に頼るようになります。
今日本で流通している国産の松茸は、天然モノの鰻と同じように1割以下だそうです。

従って、値段の安い中国産、韓国産、カナダ産などの松茸が多いわけですが、「味シメジ、香りマツタケ」といわれるように、風味は国産が一番です。

参考までに、松茸の香りは傘が良く、味は軸が良いとのことです。
また、手でさいた方が香りは良く出るとされています。

そして、その香りですが、主成分は「マツタケオール」で、このような強い香りは世界中にもあまり存在しないそうです。

このように日本人にとっては、マツタケには希少価値があり、高級食材で、とても贅沢な味覚の王者という伝統的な認識があるので、本来のマツタケの魅力を超えて特に重宝されています。

さらに、一度嗅いだら心に沁みる独特の香りが、よりマツタケの魅力を醸し出しているようです。

しかし、外国人にはこのような認識は無く、マツタケ特有の臭いも必ずしも日本人のように受け無いと思います。

世界3大珍味の一つに「トリフ」がありますが、これも希少価値があり、とても贅沢な高級食材ですが、やはり独特の香りに価値観が置かれています。

松茸にせよ、トリフにせよ、気分的な要素が大きいですね。
人の心は不思議です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ