コラム

 公開日: 2012-09-30 

マナーうんちく話346≪お月見ロマンと現実≫

このところ、自然の猛威が日本を襲い続けている気がします。
しかも、地震も津波も雨も超ド級のモノが多くなった感があります。
今回の台風しかりです。

寺田寅彦の「天災は忘れた頃にやって来る」という有名な言葉がありますが、今では「災害は忘れられないほどやって来る」ですね。

さて今日は、天気が気になりますが、「仲(中)秋の名月」です。
「十五夜」ともいいます。

旧暦の秋には「初秋」「中秋」「晩秋」があり、それぞれ7月、8月、9月になります。そして、今日が旧暦の8月15日になるので、今日のお月さまを「中秋の名月」とか、「十五夜」と表現するわけです。



勿論、「十五夜」はなにも今日に限ったわけではないのですが、今頃は暖かくも寒くもなく、しかも空気が澄んで、今日の月明かりが一年の中でも一番冴えわたるので、観月の行事が生まれました。

この行事は以前にも触れましたが、最初は宮中で美しいお月さまを観賞しながら、詩歌を詠み、宴を開いたのが始まりで、やがて江戸時代に入り、作物を収穫し、感謝して、さらに豊作を祈願する行事として庶民に定着しました。

今では、すっかり秋のレジャーになっていますが、本来は「瑞穂の国」ならではの、豊作を祈念する行事だったわけです。
豊作を象徴するのが、まさに満月だったのでしょうね。

秋の七草の一種である「芒(すすき)」を団子などと共にお供えするのは、芒はイネ科の植物なので、それを米に見立てたためです。

加えて、お月さまは古来より「かぐや姫伝説」等に象徴されるように、日本人の生活の中に溶け込んでおり、月齢により、それぞれとても素敵な名前が付けられました。
前回お話しした「待宵月」、今日の「十五夜」、明日の「十六夜」、さらに「立待月」「居待月」「寝待月」等と続き、十五夜を過ぎてもずっと楽しめます。

しかし、お月様の日々変化する優美な姿に心打たれたのは、日本人ばかりではありません。月を愛でる習慣は各国に存在します。

世界中の多くの芸術家が競って描き、奏でてきたのはご承知の通りです。
ベートーベンのピアノソナタ「月光」、グレン・ミラーの「ムーンライト・セレナーデ」、「ティファニーで朝食を」の主題歌「ムーンリバー」等は、年配の人には懐かしい曲ですね。
勿論最近でも、月を題材にした曲は多々ありますが・・・。

ちなみに月をデザインにした国旗は中近東に多いようです。
昼に灼熱の太陽に悩まされるから、夜には月が心地良く感じるからだそうです。

このように、月がいかに古今東西愛されてきたかが伺えますが、中でも日本は特別です。

日本の先人たちは、自然に対し特に神経を使い、実りの秋には収穫を祈り、そのための多彩な行事を行ってきました。お月見しかりです。
これも自然と大変上手な付き合い方のひとつです。

現在は機械化されて、野菜や米作りが簡単なようですが、自然を甘く見ると、とんでもないことになります。
自然は、恵みももたらすが、時には牙をむきます。
自然の営みを無視し、環境を破壊し、温暖化に拍車をかけると、自然は怒ります。

今日は、古来より最も楽しみにされてきたお盆のようなお月さまを愛でる特別な日です。
こんな時に大型台風に見舞われたことを、自然からの警告と受け止め、素直に反省しなければいけないと思います。

自然を愛し、自然と共生してきた日本人にとって、「十五夜」には素晴らしいロマンがありますが、今、厳しい現実に直面しています。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ