コラム

 公開日: 2012-09-17 

マナーうんちく話334≪人生100歳、亀の甲より年の功≫

今日は9月の第3月曜日で「敬老の日」です。
もともとは9月15日だったのが、月曜日を敬老の日の祝日にして、3連休を作り、色々な意味で活性化を図る意図のようですが、「こどもの日」や「母の日」や「父の日」に比べ、若い人にはなじみが薄いように思います。

しかし、長年に渡り、社会に貢献してこられたお年寄りに敬意を表し、長寿を共に祝う敬老の日は、全国津々浦々、多彩な行事が行われ、お年寄りは最も脚光を浴びる時です。

確かに、仕事にも家族にも恵まれ、加齢を華麗に生きているお年寄りも多いですが、そうかと言って、日本の社会に、感謝といたわりの敬老精神が根付いているかと言えば、大変心細い気がします。


日本の終戦直後の平均寿命は先進国中最下位でした。
それを、持ち前の不屈の精神で、経済を立て直し、収入を増やし、食を充実させ、栄養状態を良好に保ち、さらに医療制度や医療技術を向上させ、半世紀もせぬうちに日本は、世界一の長寿国になり、100歳以上の高齢者は全国で5万人を超え、今や人生100歳時代になりました。

「長寿」は人類永遠のテーマで、それが達成できたことは、大変嬉しくも有り、目出度くも有ります。

しかし、裏を返せば、長寿社会は高齢者が多い社会です。
すなわち、今日本は、世界が経験したことのない、高齢者の多い社会になっているわけです。その割合は四人に一人です。

従って、高齢者と上手に接することは、とても重要なことです。
また、高齢者が生涯現役で溌剌と生きるか、ショボクレテ生きるかでは雲泥の差があります。

日本には、あちらこちらに「姥捨て伝説」が存在します。
「老人を姨捨山に捨てなさい!」という殿様の命に背き、老人を密かに家の中に匿っていた息子がいました。

有る日、理不尽な命令を発したとの様の国が隣国から攻められ、「灰で編んだ縄を差し出せ」と無理難題を強いられました。

殿様が途方に暮れていると、家の中に匿われている老人は息子に、「縄をできる限り固く結び、それを燃やしなさい」と知恵を授けます。

この老人の知恵のお陰で、灰で編んだ縄ができ国は救われました。
殿様は、改めて老人の知恵に敬服し、以後老人を大事にしたという物語です。


今、高齢者を取り巻く環境は、「虐待」「ホームレス」「孤独死」「無縁仏」「介護難民」等とお世辞にも恵まれているとは言えません。

多くの子供や孫に囲まれても、襖一枚の孤独な高齢者もいます。
さらに、一人暮らしの高齢者も大いに気になります。

老後の不安は、「お金」と「医療」と「介護」です。
しかし、これらに関する社会保障制度はお寒い限りです。

国を長年支えてきた高齢者を、軽んじる社会は健全ではありません。

高齢者が、豊富な経験や知識や知恵を兼ね備えた、「人生の達人」として尊ばれる社会を、政治の力で築きあげないといけない。と思うわけです。

江戸時代のような、「古老」とか「長老」という尊称は別として、机上の理論より、長年の経験を重んじた、「亀の甲より年の功」を大切にし、世界に前例のない超高齢社会を、明るく照らしていきたいものです。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1513《「終活」に役立つマナーとコミュニケーション能力(終活6)》

接客・接遇の基本は先ずはコミュニケーション、コミュニケーションでしょう。これは介護や看護、さらに婚活や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1512《「金持ち」もいいけど「友持ち」「仲間持ち」もね。(終活⑤)》

ひと歳重ねてつくづく思うことは、高齢期を《幸齢期》にするためには気の置けない「友人」や「仲間」が大切だとい...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1511《終活になぜ生活設計が大切なの?(終活④)》

【感謝の心と気概をもって】世界屈指の長寿国になった日本。あなたはどのように生きますか?期待と不安が...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1510《自分らしく輝いて生きるために!「人生設計」のお勧め(終活③)》

【人生100歳、二毛作時代の到来】日本の平和な家庭の象徴である「サザエさん」は相変わらず人気ですが、サザエさ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1509《改めて考えたい「終活」の意義と意味②》

【終活の捉え方】人生の終わりに向けて自分らしい終わり方ができるように、身も心も元気なうちにとる様々な準備...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ