コラム

 公開日: 2012-09-07 

マナーうんちく話324≪わかっちゃいるけど…。≫

朝夕の心地良い涼風に、秋の趣がひとしを感じられる頃になりました。
日本の秋は、夜に気温が大きく下がるため、日中の水蒸気が凝結し、露が生じやすくなるそうです。

9月7日は二十四節季の一つ「白露」です。
大気が冷えて露ができ始める頃ですが、「白露」とは、露(つゆ)が、玉のように白く輝いている様を言います。

ところで、朝夕ひんやりして、身体が元気になり、頭が冴えてくると、食欲がにわかに高まってきます。
日本の秋は、芸術、読書、ファッション、行楽、スポーツ等、様々な形容がつきますが、注意したいのが「食欲」「美食」との戦いです。

早い話、万病の基になる「肥満」との戦いです。
昔から、「ベルトの穴が一つ広がると、寿命が一年短くなる」と言われておりますが、最近は「腹囲の測定」が健康診断に加わり、注意を促しております。

そもそも、人類は何百万年もの間、常に「飢餓との戦い」であったのが、科学の発達で飢餓から解放されたら、今度は「肥満との戦い」で、なかなか思うようにならないのが常ですね。

肥満は見た目もさることながら、「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」等の合併症が恐ろしいのはご承知の通りです。原因は、遺伝的要素もさることながら、「食べ過ぎ」と「運動不足」だと言われております。くれぐれもご注意ください。

「健康長寿」を促進するなら、先ずは肥満防止ですね。

しかし、これから美味しい食べ物がどんどん出回り、目の前に美酒とご馳走が並べば、「わかっちゃいるけど やめられない」です。

「わかっちゃいるけど やめられない」と言えば、昭和から平成にかけて活躍した、クレージーキャッツの植木等さんの、「ちょいと一杯のつもりで飲んで、いつの間にやらはしご酒・・・。」の歌詞を思い浮かべる方も多いと思います。

それにしても、世の中には、「わかっちゃいるけどやめられない」ものが多いですね。甘いものも、酒も、煙草も、ギャンブル等など。

私も、酒も、たばこも、マージャンも、競輪も、ボートも、色々と楽しみましたが、何時までもと言うわけにはいきません。問題は、どこで区切りをつけるかですね。これが実に難しいところです。

特に煙草は「百害あって一利無し」と言われますが、やめるのに多大な苦労が伴います。しかし、どこかで踏ん切りをつけなくてはいけません。
結婚したら、子どもができたら、管理職になったら、50歳になったら等など、自分流の区切りをつけられることをお勧めします。


良い・悪いは別として、人間、特に豊かな時代に育った人は、理屈のみでは行動せず、常に快楽を優先するところが多分に有ります。

「わかっちゃいるけどやめられない」。
この言葉は、意外に、人の本質をついているのではないかと思います。

日本には昔から、「腹8分に医者いらず」という、食べ過ぎを戒めた言葉がありますが、飽食の時代には、正直「わかっちゃいるけどやめられない」のが現状です。

一方「幸福は口福から」という中国の諺があります。
「わかっちゃいるけどやめられない」なら、せめて、野菜から先に食べるとか、良く噛んで食べるとか、楽しい会話と共に食べるとか、賢い食べ方を心がけたいものです。また、酒もたばこも程々が良いですね。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1407《新入社員・職員を活かすも殺すも先輩・上司次第①》

『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』。今の時期に相応しい言葉ですが、松尾芭蕉の弟子である服部嵐雪(はっとりらんせ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ