コラム

 公開日: 2012-09-06 

マナーうんちく話323≪ちゃぶ台とお袋の味≫

「グルメ便り」が待ち遠しい頃になりましたね。
夏バテを元気にさせてくれる涼気と共に、海の幸、山の幸が存分に味わえる日本の秋・・・。

世界一「飽食の国」と言われ四半世紀以上になりますが、改めて、豊かな食生活を謳歌できる、国と時代に暮らせることに感謝したいものです。

もっとも食生活が豊かになり過ぎたせいで、新たに生じた問題も多々あります。

一番に思い浮かぶのは「孤食」でしょうか。
私たちは通常一日に3回、一年に1000回以上食事をしますが、その内、家族揃って食事をする回数は、私達が育ち盛りの頃は750回から800回位でしたが、今は、せいぜい300回前後でしょうか?
世界でも珍しい現象でしょうね。

また「食品廃棄物」の量も由々しき事態に陥っています。
食料自給率が先進国中ワースト一の国が、食品廃棄物、すなわち残飯を世界一排出する国になっています。世界に誇る「MOTTAINAI精神」を有する国が、何とも皮肉な現象ですね。

ところで、以前「マナーうんちく話」でも取り上げましたが、「団欒」という
漢字があります。「だんらん」と読める人は多いと思いますが、書ける人は少ないのではないでしょうか?
物質的な豊かさとは裏腹に、影が薄くなってきた典型的な漢字だと思います。

そして「団らん」といえば、「ちゃぶ台」を思い浮かべる方も多いと思います。
但し、若い人は知らないと思いますので簡単に解説します。

「ちゃぶ台」とは、明治20年代に、日本の家具屋が考案した食卓で、4本足の、折りたたみができる丸テーブルです。

それまでは、「銘々膳」スタイルで食事をしていた日本人にとって、家族が揃って和やかに食事ができるこのスタイルは、かなり衝撃的な出来事だったようですが、以後すっかり日本の家庭に馴染んでいき、やがて日本の典型的な食事のスタイルになりました。

このちゃぶ台の一番の利点は、同席者が全員、テーブルの中心を向いて座るので、家族のコミュニケーションを図るにとても適していることです。

しかも、円卓で、折りたたみのできるため、誰でも簡単に移動でき、とても便利がよかったので人気が出たのも頷けます。

さらに、食事をする際、人数や座る位置を限定することなく、柔軟性があり、ちゃぶ台を囲んで、家族揃って「頂きます」の掛け声と共に、食事がスタートし、会話が弾みます。だから、家族の貴重な情報交換の場であり、子どもへの躾の場で有ったわけですね。

そこには、今のように「美食」とか「グルメ」という言葉は登場しませんが、「お袋の味」が存在しました。

日本は食の安心・安全にはとても敏感ですし、栄養学や食品学も発達しています。料理番組もチャンネルを回せばどこかで放映されています。加えて、日本の台所は世界一の物持ちです。

しかし、「食事」は、献立や味や栄養ばかりでは成り立ちません。
愛情を込めた手作りの温もりがある「お袋の味」に、「家族の団らん」が加味されて形成されるものです。

今、「食育」がブームです。
子どもたちに、食事の大切さを教えることはとても大切です。
しかし、その前に「大人は大丈夫なの?」と聞きたいところです。

戦後の日本の、平和な家庭を象徴する「サザエさん」の食卓を参考にされては如何でしょうか?



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ