コラム

 公開日: 2010-08-31 

平松幹夫の【マナーうんちく話≪予告編≫】


今年の夏は殊のほか生ビールが美味しく感じられました。量も少し増えましたけど・・・
本当に暑い夏でした。過去形ではなく、まだ進行形ですが・・

「気温」も高かったけど「円」も高くなりました。
そして、ついこの間まで「年金」が消えたといって騒いでおりましたが、今度は「高齢者」が消え、挙句の果てには「児童虐待の97人」が消えました。

とんでもない夏になったものですね。
高齢者所在不明問題も児童虐待も、少子高齢社会における家族、親族、友人、職場、地域コミュニティーの在り方、さらに貧困という共通した大変深刻な問題がその背景にあるようです。そしてこれらは自殺、離婚、未婚化、晩婚化、若者の早期離職等などにも関連してきます。


コミュニケーションの手段は昔と比較にならないほど発達しましたが、人と人との絆はすっかり希薄になってしまいました。何とも皮肉な現象ですね。

また日本には「衣食足りて礼節を知る」という故事熟語があります。
「衣」は有り余っています。ファッションだって世界のトップクラスです。
「食」についていえば、日本は世界一の飽食の国です。
だったら「世界一の礼節のある国」に返り咲いてほしいところですが、現状は残念ながら「衣食足りすぎて礼節を欠く」といったところでしょうか。
これまた皮肉なことですね。


生活が便利になり、物が豊富になることはうれしいことですが、一番大切な人間関係が希薄になるのはなんともさびしい限りですね。

本当に幸せな生活とは、「物の豊かさ」より「人間関係の豊かさ」の中にあるということを再認識したいものです。
勿論様々な考え方があってしかりですが・・・

そして豊かな人間関係を築くには「マナー」は必要不可欠です。

公民館、ホテル、企業、学校、カルチャー教室、地域等で「和食・洋食のテーブルマナー」「ビジネスマナー」「人間関係のマナー」「冠婚葬祭のマナー」等など様々なマナーのお話をしておりますが年々関心が高まってきているような気がします。

またお陰さまで「マイベストプロ」を見ていただいた方からも、問い合わせやら講演依頼を結構いただくようになってきました。
今まで全くご縁がなかったようなところからの依頼や問い合わせがありびっくりするやら嬉しいやらです。

さらにマナー講座の受講生の方が、「コラムを楽しみにしているよ」とお声をかけてくださったりで、期待以上の効果に、この場をお借りして深謝いたします。


ところで日本人の心の歌として親しまれてきた「故郷」という学校唱歌をご存知でしょうか?

この歌の2番に「如何にいます父母、つつがなしや友がき・・・」という歌詞があります。父母を尊い、友を思いやるという意味です。日本人は昔から本当に友達や親を大切にし、それを美しい言葉で表現し、日常生活の中で実践してきました。

「村祭り」「仰げば尊し」「旅愁」等の歌からも同じようなことがうかがえます。

これらの歌ができたころは貧しかったけど「不登校」「いじめ」「虐待」等とは無縁だったようですね。
加えて、世界に誇る「礼節」を兼ね備えておりました。


子供の見本になるべき大人が、便利さや豊かさのみを追求した結果、友によりよく生きるための思いやりの心を忘れてきた現状をしっかり見つめなおし、倫理観の低下や風紀の乱れを正すべき時が来ているのではと思っています。

早い話、日本人が本来持ち合わせていた「心の再構築」をはかるときに来ているということではないでしょうか。


ということで「マナーのうんちく話」を9月からシリーズでこのコラム欄で展開できたらと考えております。

四季折々のしきたりに関するマナー、話題になっているキーワードに関するマナー等をうんちく満載でお届けできたらと思っています。
ぜひご覧ください。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ