コラム

 公開日: 2012-09-03 

マナーうんちく話320≪人付き合いのポイント≫

長い人生を、心豊かに、より善く生きていくには、良好な人付き合いが必要不可欠ですが、苦手な人が多いようです。

「人に会ったら挨拶をする」、「名前を呼ばれたらはい!と答える」、「過ちを犯したらごめんなさい!と謝る」、「人の話は目を見て聴く」等など、理屈では理解できていても、行動が伴わないのが常ですね。

勿論、人付き合いに対する、考え方や捉え方は様々です。
また、人付き合いに対し、どの位の価値観を置くかもしかりです。

しかし、「モノの豊かさ」より、「心の豊かさ」を求めている人の方が圧倒的に多い調査結果を鑑みるに当たり、誰しも、人付き合いの大切さを認識していることは確かなようです。

日常生活の中で、周囲の人達と良好な人間関係を築き、それを大切にしながら生きていくことは、幸せに直結することです。
そういう意味においても、現在の人付き合いを再確認してみるのもお勧めです。

先ずは、一番身近な人を大切にしているかどうか?
「親しき仲にも礼儀あり」が、守られているかどうか?

次に、近所や職場の人と、笑顔での挨拶があるかどうか?
とかく疎遠になり易い、遠くの親族や友人に、季節の挨拶状を出しているかどうか?等など・・・。

さらに、相手により、付き合いの度合いを深めることも、あるいは、浅く広く付き合うことも必要です。

世の中、何もかも多様化していますが、人付き合いも例外ではありません。
色々な人との付き合いがありますが、ポイントは「身近な人」との付き合いを大切にすることです。

出来る時に、出来る限り、一番身近にいる人を大切にして下さい。
そして、友人やビジネス上の付き合いはなるべく慎重にして下さい。
「人を見る目」を養うことが大切だと言うことです。

論語に「益者三友 損者三友(えきしゃさんゆう そんしゃさんゆう)」という言葉があります。

「益者三友」とは、自分にとって有益な友で、正直な友、誠実な友、博識の有る友のことです。

「損者三友」とは、自分にとって有害な友で、不正直な友、不誠実な友、人当たりは上手いが口先だけの友のことです。

友人は慎重に選びなさいと言う戒めですが、古今東西、正直で、誠実で、実直に生きている友達が近くにいれば、それだけで心が豊かになるものです。
親が子供に、指導的立場にある人が若者に、身を持って教えたいものです。

加えて、「この人とは、このような付き合いをしなくてはいけない」と、形にはめてしまうのではなく、「このような付き合い方も選択肢としてある」と言う、柔軟な発想も大切です。

世界的に大成功を収めた人や、若くして大出世した人を見ていると、意外にも、ずば抜けた頭の良さや、専門的知識より、人付き合いを大切にしていることに気が付きます。

今現在、付き合っている人が「益者三友」と言えるかどうか、改めて思い起こしてみるのもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ