コラム

 公開日: 2012-09-02 

マナーうんちく話319≪心の豊かさ≫

内閣府が25日に発表した「国民生活に関する世論調査」によると、今後の生活で、「モノの豊かさ」と「心の豊かさ」のどちらに重きを置くかをたずねたところ、「心」と答えた人が64%になり、1958年の調査開始以来、最高になりました。

内閣府の担当者は、「人とのつながりを大事にするようになっているのではないか」と話しています。

人と人との絆が希薄化し、「孤独死」、「無縁仏」、「無縁社会」、「離婚」、「若者の早期離職」、「未婚化」等のキーワードが氾濫する時代に、当たり前と言えば、当たり前の結果だと感じます。

世の中には、物質的には恵まれていなくても、豊かな人間関係や、好きな事が出来て、「心の豊かさ」や「幸福感」に浸っている人も国も多々あります。

反面、物質的には何不自由なく暮らしている人でも、何時も孤独で、「心の豊かさ」や「幸福感」を感じとれない人も沢山います。

戦後日本は、民主主義や市場経済の浸透、及び科学の発達のお陰で、物質的な豊かさや利便性を手に入れ、そのお陰で、経済大国、技術大国、さらに長寿国になりました。大変素晴らしいことです。

しかし、その反面、心が失われ、自殺大国、離婚大国、飽食の国等のレッテルをはられ、多くの社会問題を抱えるようになり、幸福度も低下したままになりました。

人々は、これではいけないと思いだした。
どこかで軌道修正をしなくてはいけません。


ところで、「物の豊かさ」を手に入れるのは、比較的設計図を書きやすいところがあります。一流大学を卒業し、一流企業に入るとか、お金持ちと結婚するとか、拝金主義になるとか、金融商品に強くなるとか、手段はいくらでもあります。

さらに、物の豊かさは、目で見ることもでき、数字で表すこともできるので、目標も定めやすく、実感が湧きやすいのが特徴です。

しかし、心の豊かさは何ら基準もなく、10人10色なので、実感できにくい面が多々あり、増して、自分自身が心地よく感じなければいけません。
しかも、それが実現したら、嬉しくなくてはいけません。

では、心の豊かさを得るにはどうしたら良いか?
答えは、自分自身が、心の底から「嬉しく感じること」をイメージすることが大切です。

例えば、家庭・地域・職場等で良好な人間関係を築き、日常生活が大変充実しているとか、最愛の伴侶に恵まれ、楽しく朝食や夕食を共にしたり、旅行に行っているとか、あるいは最愛の伴侶や子どもに恵まれ、家族水入らずになっていることがイメージできれば最高です。

次に、そのイメージが実現するためには、何が必要か?

物質的な豊かさを手に入れるためには、経済学や会計学や金融論等が有効ですが、心の豊かさを得るには、素敵なマナーを身に付けることをお勧めします。

加えて、心の豊かさを手に入れるには宗教も大切です。

しかし、残念ながら、現実には、マナーも宗教も公立学校では教えませんし、認識も薄いのが現実ではないでしょうか?

戦後の教育は物の豊かさや便利さを手に入れることに重きを置いたようで、心の豊かさは軽視された感があります。

理想は「モノの豊かさ」と「心の豊かさ」が両立することですが、現実的には、どうやら相反するようですね・・・。
高度に発達した資本主義体制の中では、止む終えないことかもしれませんね。

個人的には、何事も程々が良いと思うのですが、如何でしょうか?


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ