コラム

 公開日: 2012-08-26 

マナーうんちく話314≪箸と茶碗≫

親に身に付けて頂きたい「こどもの未来を明るく照らすマナー⑤」

処暑が過ぎ、秋がにわかに近づいてくると、なんとなく感傷的になり、ため息が多くなっていませんか?

ため息は、不安や心配ごと等を抱えている時の心理状態が、呼吸注枢に作用して出るとされていますが、常に、身も心も健康でありたいものですね。

毎年のことですが、ちょうど今頃から霧が発生するようになります。
霧は、水蒸気を含んだ大気の温度が下がって出来るわけですが、昔は、人のため息が霧になると思われていたそうです。
霧が立ち込めてきたら、心に手を当ててみるのも良いですね。

さて、今回は、「食べる道具」に触れてみます。
多分、今まであまり関心を持たれなかった部分ではないでしょうか?

親の大切な役割の一つに、「子供に食べさせること」がありますが、そのために何を、どのように、誰と食べるか?が大切である!と申しましたが、「食べるための道具」も、とても大切です。

ところで、私たちは、日常生活で多種多様な道具を使用していますが、その中でも、特に大切な道具は何だと思いますか?

私は「箸」と「茶碗」だと思っています。
「食べることは生きること!」で、そのための道具だからです。
だから、毎日使用する「箸」と「茶碗」はこだわって頂きたいと思います。
高価で有る必要はないですが、しっかりしたものがお勧めです。

日本では、地域により若干異なりますが、子どもが生まれて100日経ったら、子どもが食べ物に一生困らないように!との願いを込め、「箸祝い」、あるいは「箸始め」とか、「お喰い初め」の儀式を行います。
西洋では、銀のスプンを贈る風習があります。

勿論、まだ食べられないので食べる真似をするだけですが、その食べ物を口に運ぶ務めを果たす人を「箸役(はしやく)」といい、子どもの長寿を願い、同性のお年寄りにお願いします。

そして、亡くなった時には、あの世で、食べ物に不自由しないようにとの願いを込めて「箸渡し」の儀式を行います。
つまり、日本人にとって「箸」は、「人生の杖」なのです。

また、日本はどんな家庭でも、箸と茶碗は「自分専用」のものを用意しています。これも、日本独特の文化です。

だから子どもにも、専用の箸や茶碗を用意してあげて下さい。子供用だからと言って、いい加減の物にせず、キチンとしたものを最初から授けて下さいね。他の物はさておいて、特に箸と茶碗はしっかりしたものがお勧めです。

加えて、家族全員に「箸置き」を用意されることをお勧めします。
箸置きの役割はすでにお話ししましたが、自分の箸・箸置き・茶碗を、綺麗な食卓に、理路整然と並べるだけで、食卓がとても優雅になります。

家族の座る位置も、使用する道具も綺麗に揃ったら、まさに豊かな食卓の出来上がりで、これが、本来あるべき家族の食卓です。
このような食卓で育った子供の将来は、とても明るいモノになります。

さらに欲を言えば、日本は四季折々の行事が多く存在する国なので、正月・桃の節句・端午の節句・お盆・お月見・クリスマス等に使用する、特別な箸・器・グラス・フォーク・ナイフもあると良いですね。
温くて豊かな家族を演出してくれます。

これらは、たった一年に一度しか使用しませんが、子どもが情緒豊かに育つため、及び家族の絆を築き育むために、出来る限り用意されることをお勧めします。そして、これを管理・運用するのもお母さんの大切な役割です。

出来れば、それぞれの行事や、それに使用する道具のいわれなどを子どもや家族に説明して上げれば最高ですね。そして、それに相応しい、お母さんの手料理と優しい笑顔があれば、子どもも家族も最高に幸せです。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

20

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ