コラム

 公開日: 2012-08-18 

マナーうんちく話308≪えっ!夏に甘酒?≫

暑い!暑い!と言って過ごした夏の空に、秋の雲がお目見えすると、蝉の鳴き声も変わってきます。

里山でも、公園でも、街の街路樹でも、「ジ―・ツクツクボーシ・ツクツクボーシ」の鳴き声が聞こえてきます。

晩夏から初秋にかけて発生する「ツクツクボウシ」の鳴き声は、まさに夏の終わりを告げる風物詩です。ツクツクボウシは、「つくつく法師」とも書きますが、これは当て字で、その名前は、鳴き声から来ています。

そして、この時期になると、今までの猛暑・酷暑・激暑の疲れがドーンと出てきます。
食欲が落ちたり、身体がだるくなったりで、夏バテの症状が出ます。

特に現代みたいに、クーラーもなく、水道も下水道もなく、衛生面が悪く、医療や医療制度も発達していなかった江戸時代には、この時期に、多くの人々が、暑さで体調を崩し、命を落としたと言われております。

そこで、江戸時代の人は、この状況に、どのようにして対処したのか?

実は、夏バテ対策として目を付けたのが「甘酒」なのです。
ツクツクボウシが鳴く頃になると、江戸の町に「甘酒売り」がやってくるわけですが結構繁盛したそうです。

甘酒には、「必須アミノ酸」や「ブドウ糖」や「各種ビタミン」等が豊富に含まれ、現代医学で使用している「点滴」に匹敵すると言われています。

つまり、甘酒は、江戸の頃から、美味しく、手軽にとれる栄養源の筆頭格で、とっておきの栄養ドリンクだったようです、「夏の季語」にもなっています。


最近、麹を使用した発酵食品が人気を得ていますが、実は甘酒は、味噌・醤油・味醂などと同じように、麹から作る発酵食品です。

麹から作る発酵食品は、長い間、日本人の健康を支えてくれた、日本が誇る食文化だといえます。

また、甘酒は、麹とご飯を合わせて、保温し、発酵すればできます。
たったこれだけで、砂糖が沢山入っている位の甘さになるから不思議ですね。
米のでんぷんが、麹菌の酵素の力でブドウ糖になるからです。

さらに、酒粕から作るのと違い、アルコールが含まれないので、子どもにも高齢者にも嬉しい飲み物です。

そして、それを、暖めて飲んでも良いし、冷やして飲んでも良いし、飲み方はお好みのスタイルでどうぞ。

牛乳や豆乳などで割って飲んでも格別ですし、シャーベットの状態でも楽しめます。酒が好きな人は、日本酒を加えて「ドブロク」風にして飲むのもお勧めです。
ちなみに、江戸の人は、ショウガ汁を加えて飲んだそうです。
「二日酔い防止」のためにも、甘酒を飲んでいたと言いますから驚きです。

このように、甘酒は、寒い時期に飲むのではなく、本来は、晩夏から初秋にかけて飲む、とても身体に良い、美味しい飲み物なのです。
皆さん方の夏の終わりの風物詩に加えて頂き、これから続く厳しい残暑に備えられたら如何でしょうか?

有名タレントによる、派手なコマーシャルは有りませんが、先人が創意工夫して作った、とても賢く、身体に思いやりのある飲み物です。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

マナーうんちく話1671《厳格に執り行われた?武家社会の結納と婚儀》

日本は四季に恵まれ農耕文化で栄えた国で、自然との共生も大切にしましたが、意外に昔から恋愛や結婚にはおおらか...

[ 結婚のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ