コラム

 公開日: 2012-08-14 

マナーうんちく話305≪日本人と盆踊り≫

お盆に帰省され、「盆踊り」を楽しみにされている人も多いと思います。

盆踊りは、現在ではすっかり宗教色は薄れ、夏祭りの大きなイベントの一つとして定着し、かなり様子も変わってきましたが、本来は、盆の間、先祖の霊を供養するための宗教行事だったようです。

また、一般庶民の「民俗芸能的要素」も強いですが、幕府の「まつりごと」のように公式記録ではなく、多くの人々の目・口・耳・立ち居・振る舞い等を通じ、断片的に今に伝えられたために、多くの謎を含んでいることも確かです。

歴史的には、「盂蘭盆」の行事と「念仏踊り」が合体し、既にお話ししたように、ご先祖様を供養するための行事になり、やがて一般大衆の夏を彩る一大娯楽として定着したようです。

現在でも盆踊りは各地で盛大に開催されますが、昔は、旧暦の7月15日に夜を徹して行われたそうです。
ちなみに、旧暦の7月15日は「満月」で、お月さまが最も美しいとされた日です。

現代のように娯楽と言えるものが極端に少なかった時代です。
夜を徹しての唯一の娯楽である盆踊りは、当時の若い男女にとって、最高の交流の場であったのでしょうね。

勿論「婚活」などという概念はなかったものの、「出会いの場」であり、「カップル誕生の場」で有ったかもしれませんね。


ところで、前回、「お盆」と「お正月」にはご先祖の霊をお迎えし、楽しい一時を過ごすと申しましたが、お盆に里帰りする霊は色々存在します。

まだ亡くなられたばかりの霊もその一つですが、この霊は、現世の執着が強いので特に念入りに供養します。亡くなってから初めて迎える盆は「新盆(にいぼん・しんぼん・あらぼん)」とか「初盆(はつぼん)」といい、白い提灯を飾ります。

そして、お盆に迎える霊には、無縁仏と言われる身寄りのない霊も存在します。
特にこの霊は、粗末な扱いをすると、たたりがあると思われていたため、丁寧に扱わなくてはいけません。

そこで、盆踊りが功を奏するわけです。
霊と共に楽しく踊り、村の外れまでやってきて、そこから霊を送るわけですね。

盆踊りが、村の主会場で行われた後、初盆を迎えた家や、村はずれで踊ったりするのは、このような理由があるとされています。

今の盆踊りは電子機器を使用した楽器で威勢よく行われていますが、昔から存在する伝統的な盆踊りには、なんとなく哀愁が漂う気がしませんか?

日本は世界屈指の礼儀・作法の行き届いた国です。
「礼儀・作法」とは、思いやりや感謝の心を抱き、それを具体的に言葉や態度等で表現することです。

お盆やお正月に、祖先に対し、改めて感謝の心を捧げ、そして丁寧におもてなしをする、まさに諸外国には見慣れない、礼儀・作法の根源をなすものです。

競争に勝つことばかりに価値観を置くのではなく、こんな素晴らしい伝統文化の神髄をキチンと理解し、積極的に世界に向けて発信したらいいですね。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1530《人から頼りにされていますか?》

庭や野山の草花に宿る白露が秋の趣を深めるようになったら、春にやってきたツバメが日本から遠のき、南へと移動し...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ