コラム

 公開日: 2012-08-05 

マナーうんちく話299≪賢くて暖かい食生活のお勧め≫

親に身に付けて頂きたい「こどもの未来を明るく照らすマナー④」

私は「内閣府食品安全委員会食品安全モニター」及び、「倉敷市食育推進会議委員」をそれぞれ2年間経験しましたが、日本は、食の「安心・安全」に関してはとても敏感だと感じました。

食の安心・安全に関して、大変有能な学者が多く存在しますし、法律や制度もいき届いていると思います。恐らく世界でもトップクラスではないでしょうか。素晴らしいことだと思います。

「食育」に関しても非常に前向きです。
知育・体育・徳育に加え、平成17年には「食育基本法」が制定され、子どもたちが、食に関して正しい知識を身に付け、理想的な食習慣になるよう、熱心な取り組みがなされております。

そして、何度も書きましたが日本は、世界一の「飽食の国」で有り、「美食の国」でもあります。料理番組や料理本等、料理に関する情報も氾濫過ぎる位あります。また、食料自給率は先進諸国の中でも最下位クラスですが、食材は大変豊かです。このような環境で生活できることに、感謝・感謝です。

それでは、日本人の食生活はさぞかし豊かだと思われるでしょうが、実は豊かなのは、種類・量・カロリー等だけです。

食べ方が悪いから、ミネラルやビタミン類や食物繊維は不足しています。
いわば、今の日本人は、食べ物の量・カロリー・種類・色は多く摂取していますが、逆にビタミン・食物繊維・ミネラルは不足し、決してバランスの良い栄養状態ではない現象が多々みられます。

今、地球上では約10億人の人々が、食べ物や飲み物に大変不自由しており、恒常的栄養失調に陥っていると言われております。

終戦直後は、日本でも、食べ物に困り、飢えや栄養失調が蔓延しました。
当時はカロリーそのものが不足する栄養失調でしたが、今はビタミン・ミネラル等の不足による栄養失調が見受けられます。

原因は、加工食品・インスタント食品、レトルト食品、ペットボトル、清涼飲料水等からの、砂糖や脂肪の取り過ぎではないでしょうか?

勿論これらは、安価で、手軽で、美味しく、保存性も有りで、利点は大いにありますが、不必要に依存するのはどうかと思います。

さらに孤食・個食・固食現象、加えて、不摂生な生活による「朝食の欠食」、偏食等が考えられます。これでは、子どもの健全な発達に支障をきたします。

最近の研究では、バランスの良くない栄養状態は、キレル子、イジメに走る子等の大きな原因になっていることが明らかになりました。

また、加工食品等が増えれば、食卓における「心と心の交流」も少なくなる恐れも有ります。つまり「団欒」が少なくなります。

日本の食事情は、何から何まで恵まれ過ぎています。
しかし、食生活に問題がある家庭も少なからず存在しています。

「食べることへの認識の低さ」だと私は思っています。
「食べることは生きること」です。
だから、もっと、もっと食べることを大切にして頂きたいと痛感しています。

人それぞれ、事情は有ると思いますが、出来る限り、育ち盛りの子供には、工場で作られた食べ物や飲み物より、家庭の台所で作られた、愛情いっぱいの、食べ物や飲み物がお勧めです。これだけでも家族の絆はできます。

コンビニやスーパーやデパートの総菜は美味しいです。綺麗です。手軽です。でも、これらはお金で買える味です。

お母さんの愛情が詰まった料理は、お金では買えません。
このような料理を食べて育った子供は、例え、問題児になっても、また元の鞘に収まると言います。これが「おふくろの味」の力です。

共働きの場合の手料理は何かと大変ですが、家族の、健康や絆づくりのための努力は、必ず報われる!と信じてやみません。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

86

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1539《日常生活を心豊かにする「ささやかな幸せ」の感じ方》

秋は月。そして虫の声。昨夜の月はとてもきれいでしたが、一年の中でも一番美しいといわれる秋の月を眺めて...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ