コラム

 公開日: 2012-07-31 

マナーうんちく話294≪団扇の使用は右手or左手?≫

前回は扇子(せんす)のお話をいたしましたが、「団扇(うちわ)」も夏の風物詩として、しっかり存在感を保っていますね。

只今、夏のイベントが目白押しの季節ですが、浴衣の帯の後ろに、さりげなくさされた団扇には、風流が漂い、夏祭りのムードを高めてくれます。

現在では、団扇は、扇子に比較して、どちらかと言えばカジュアル感がありますが、本来の意味は若干異なります。

風を扇ぐ(あおぐ)扇子に比べ、団扇は、蝿や蚊、あるいは病魔を打ち払うためのもので、その歴史は扇子よりはるかに古く、紀元前に中国で生まれたとされております。

日本には6世紀頃伝わっていますが、当時は病魔を払うとともに、天皇や貴族などの高貴な方が、威厳を示すために、顔を隠すための道具としても使用されていました。

そして、江戸時代になって庶民に普及して、暑い時期に涼を取ったり、風を起こす道具として使用されたようです。さらに、団扇に浮世絵などを描き、見て楽しむ使い方が加味され、高名な絵師の描いた芸術的価値が高いものも誕生しました。

このように、明治から昭和30年頃までは、風をおこしたり、涼をとったりする実用性の高いモノでしたが、これ以後、次第に使用方法が変化してきます。

すなわち、昭和30年以降になり、扇風機やクーラー、さらにガスや電化製品の普及で実用的価値が減少し現在に至っています。


さて、団扇の使い方のマナーですが、ポイントは扇子と同様、胸の位置での使用がお勧めです。

人前での使用は、厳格な決め事はありませんが、その人との関係性がポイントになります。

友人の場合はOKでも、目上の人の前では宜しくないと思います。

ちなみに、「団扇」や「扇子」の数え方ですが、団扇は「枚」「本」で、扇子は閉じた状態なら「本」、開いた状態なら「枚」とか「面」になります。

時代と共に、夏の涼の取り方も大きく変わってきましたが、団扇は夏の風物詩として、身に付ける人のセンスが光る小物としての存在感があります。

扇子と同様、しとやかに、優雅に使用したいものです。

ところで、優雅で何不自由しない暮らしのことを「左うちわ」と言いますが、なぜ、右ではなく、左なのかご存知でしょうか?

殆どの人は右利きですから、団扇で仰ぐ時にも当然利き腕の右手を使用し、効率よく使用するわけですが、その必要が無い場合は、あえて利き腕の右手でなくて、左手でもいいわけです。

つまり、あくせく働かなくても良い、ゆとりのある暮らしのことを、左うちわと呼ぶようになったわけです。

皆さんは、右手or左手、どちらでしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ