コラム

 公開日: 2012-07-28 

マナーうんちく話291≪子供のいじめは大人が原因≫

日本の未来を背負う子供たちで、「社会の基本的ルール」を理解できない子が増加している気がしてなりません。
ひとへに、大人のせいだと思いますが、皆さんはどのように思われていますか?

国際社会における、「学力の低下」もさることながら、「キレル子ども」、「不登校の子ども」、「暴力をふるう子ども」、「いじめに走る子ども」が後を絶ちませんね。

子供の学力の低下は、親の学力の低下が原因だと思います。
また、キレル子ども、不登校の子こども、暴力をふるう子ども、イジメに走る子どもの背景には、大人の社会で、利便性や物質的豊かさのみに絶対的価値が置かれたことが大きな原因ではないでしょうか?

そういえば、数年前までは、「いかにして勝ち組になるか?」等の自己啓発的な本が多く出版されたり、「金儲けで成功した人が時代の寵児」だともてはやされたりして、「思いやりの言葉」や、「支えあいの精神」「和の精神」等を口にするのが、気が引ける風潮がありました。

学校も、子育てに携わる親も、子どもの偏差値を最重要視し、思いやりのある子どもを育てようとする気運は感じられなかったような気がします。
今では、大いに反省の余地がありますね。

さらに、それ以前にも、世界に類を見ない高度経済成長の見返りとして、「公害」が発生したり、「離婚」や「自殺」や「アレルギー」が増えたり、挙句の果てには、家庭・地域・職場において、人と人との絆が失せてしまいました。

世界一贅沢なものを食し、平気で食べ残しをし、食品廃棄物をどんどん排出する世界一「飽食の国」にもなりました。加えて「孤食」「個食」現象が広がり、子どもの成長に大きな悪影響を与えました。

「何かおかしいぞ!」と気が付いた人も多かったわけですが、結局何も変わりませんでした。

「世界屈指の、豊かさや、便利さを手に入れることができたのだから、少々のことは我慢しなさい」という理屈が働いたせいでしょうか?

このように、バブル時代の「豊かさ」と「便利さ」に引き換え、私たち日本人は、「昔から大切にしてきたモノ」を沢山失いました。

他者に対する「思いやりの心」や「感謝の心」、さらに「我慢する」ことや「MOTTAINAI精神」等などです。
だから、豊かさや便利さに恵まれている割には、以前触れました、日本人の「幸福度」は高くないわけです。

そして、大人が多くの矛盾を引き起こしたために、子供たちの間で大きな異変が起きました。

未来を背負う子供の間に、今までにない陰湿ないじめ、不登校、暴力、さらにアレルギー、コミュニケーションの欠如等々の由々しき事態が発生し、日本の未来に暗雲が立ち込めたわけです。

このまま放置していたら大変な事態に陥ります。
もともと、勤勉で、礼儀正しく、和の精神を大切にしてきた、賢い遺伝子を保有する日本の親は、ここで立ち上がらなくてはいけません。
次回に続きます。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1531《頼りにされる人になるための心構えとは?》

彼岸過ぎに街を歩いていると、秋の風に乗って、どこからともなくいい匂いが漂ってくることがあります。小さなオ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1530《人から頼りにされていますか?》

庭や野山の草花に宿る白露が秋の趣を深めるようになったら、春にやってきたツバメが日本から遠のき、南へと移動し...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ