コラム

 公開日: 2012-07-25 

マナーうんちく話288≪封筒の知識とマナー≫

古くから、心を伝える手紙のマナーには決まり事が沢山あります。
「堅苦しいことは抜き」でと言うのも解りますが、マナーを無視した手紙で不快感を与えては元も子も有りません。
多様なマナーを理解して頂くためには、それなりの努力が必要ですが、一旦身に付けていただいたら、とても好印象を与え、豊かな人間関係を育むことができます。

そこで、手紙に込められた多様なルールをしっかり把握し、貴方の真心をしっかり掴んで頂くために、順を追って解説して参ります。

今回は「封筒」についてです。

封筒は身だしなみです。
本来は相手方に尋ねて行くべきところを、都合で行けないので、封書で済ますわけですが、その際封筒は、訪ねて行く時の「身だしなみ」と認識していただいたらいいと思います。

正装して訪ねて行く時には、封筒も白無地の和封筒か洋封筒になります。
つまり改まった時の手紙は、白無地の封筒と便箋になります。

いくら綺麗でも、柄や色が付いている封筒や便箋は、友人用やカジュアルシーンになります。

加えて、白無地の白い封筒でも、2重封筒(裏紙のある)は、「度重なる」と言う意味にもなりますので、弔事や病気・災害見舞い等では避けて頂いた方がいいと思います。

また茶封筒も、ビジネスには良いですが、プライベートでは事務的な印象になりますのでお勧めできません。

そして封筒は、手紙を受け取った相手が、最初に目にするものです。
つまり、「人の第一印象は見た目で決まる!」と言われているのと同じ理屈で、手紙を受け取った相手は、封筒の色と表書きで、感じ方が大きく異なります。

封筒の表書きで大切なことは、「丁寧な字でバランスよく!」がポイントです。
具体的には、封筒の横幅を3等分したと考えて頂き、右の3分の一のスペースに住所を書きます。その隣の3分の一のスペース(真ん中)に宛名を書くと、恰好よく纏まります。是非参考にして下さい。

但し、宛名は、住所より一文字くらい下から、そして、住所より大きめな字で書いて下さい。

ところで武士の世界では、同じ「様」の字でも、差し出す相手により、書体を変えて書き、特に名前は、墨を濃くしたりしたそうです。

その名残も有りますので、相手の名前は、特に丁寧に書かれることをお勧めします。

封筒の裏は、左側に差出人の〒・住所・氏名を書きますが、住所はできる限り、都道府県名から書いて下さい。名前はやや大きめに書きます。

ちなみに封筒を糊づけして閉じたらどうしていますか?

時々、合わせ目に「×」を書く人がいますが、正式には「〆」です。
あるいは、少し改まって「封」とか「緘(かん)」の字を使用するケースも有ります。さらにお目出度い時には「賀」、結婚式には「寿」等も使用します。

明日、明後日は「鰻」のお話になりますが、「手紙のマナー」はこれからも続きます。ご期待下さい。








この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ