コラム

 公開日: 2012-07-24 

マナーうんちく話287≪葉書の知識とマナー≫

7月は「文月」と言われますが、これは習字や文が上達することを願って、詩歌や文を短冊に書き、笹につるしたことに起因する説が有力ですが、昔の人が、如何に文を書くことに重きをおいたかが理解できます。

そういえば、江戸時代には武士の子供は藩校で、一般庶民の子供は寺子屋で、読み・書き・算盤を習い、当時の日本人の就学率は世界で一番だったそうですね。

そして今ではすっかり、電話・ファックス・携帯電話・スマートフォン・メールが普及し、それらのやり取りが一般的になりました。確かにそれらは大変便利が良く、非常に効率的ではありますが、完璧ではありません。大切な人や、改まったシーンにおいては、今でも葉書や手紙の存在は不可欠です。

しかし、葉書や手紙は人間関係を良好にする素晴らしいコミュニケーションだと解っていても、多様な形式やマナーが良く解らず、つい礼を失してしまうケースが多々あるようです。

大切な人のことを頭に思い浮かべながらペンを走らす時は、事務的にメールを発信する時に比べ、ひと味もふた味も違った、心豊かな時間を過ごすことができます。

そこで、葉書や手紙で、自分の誠を伝えるために、これだけは理解して頂きたい事を、順を追って解説していきます。

「手紙や葉書は決まり事が沢山あるから面倒だ」と思われている人も多いと思いますが、決まり事が多いからこそ、そのポイントさえ把握していただき、それに基づいて進めれば、とても簡単で、素晴らしい味が出ます。

今回は「葉書」について触れてみます。

葉書の由来をご存知でしょうか?
「葉に書く」と書きます。
つまり、昔は紙が大変貴重だったために、紙が手に入らない人は、木の葉を使用し、文字を書き、届けていたわけですね。
それにしても昔の人は、一枚の葉っぱに、どのようなメッセージを綴っていたのでしょうか?気になるところですね。

そして今でも、「多羅葉(たらよう)」といわれる「葉書の木」があります。
この木は常緑高木で、郵便局のシンボルツリーになっているようですが、防火性に優れているので、お宮とか民家でも見かけます。
また腎臓に良いとされる、健康茶にもなっています。

加えて、葉書は、紙片等に書いた「端書」が起源だと言う説も存在します。

葉に書いたり、紙片に書いたりしたから、葉書はある意味では「正式」ではなく「略式」と捉えられている感がありますが、その用途は多種多様です。

ちなみに、「葉書」と「封書」の使い分けですが、「どのような用件で発信するか」が決め手になります。

葉書は、差出人も、受取人も要件を他人に見られてもOKという前提で出すものです。見られて困るもの、改まった内容、目上の人等には封書がお勧めです。

さらに、男性が既婚の女性に出す場合は、封書だと誤解を受ける可能性があるので葉書がお勧めです。

ところで葉書を書く上でのポイントは、字や文章の上手下手より、解り易く丁寧に、そして、その時の差出人の気持ちがキチンと相手に伝わるように、心をこめて書くことだと思います。

また、差出人の住所や名前も表になりますので、全体的なバランスが大切です。

ビジネスでもプライベートでも、「ありがとう」の気持ちを、手書きの葉書で、継続的に、発信されることをお勧めします。
即効性は期待できませんが、ジワジワと素晴らしい効果が出てきますよ!

次回からは、封書のマナーです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ