コラム

 公開日: 2012-07-22 

マナーうんちく話286≪大暑と暑中見舞い≫

四季が世界的に美しい国だからでしょうか?
それとも豊かな感性を備えていたからでしょうか?

日本人は自然に対し、本当に賢しこく付き合ってきていると思います。
その一例が、降る雨や雪、吹く風、さらに暑さや寒さにまで、時期や程度にマッチした様々な名前を付けております。

暑さを表現する言葉は、「酷暑(こくしょ)」「猛暑(もうしょ)」「極書(ごくしょ)」、さらに「炎書(えんしょ)」に「激暑(げきしょ)」等などがあります。

昨日の暑さはどう表現し、今日の暑さはどの漢字が妥当か?本当に迷いますよね。そういえば、7月18日、すなわち梅雨明け直後の山陽新聞の朝刊には、「炎暑の夏到来」という見出しが掲載されていました。

ところで、7月22日は二十四節季の一つ「大暑(たいしょ)」です。
すなわち、一年で最も暑い日です。
「酷暑」「猛暑」「極書」「炎暑」「激暑」等の表現が全て当てはまる日ですね。

この頃から、8月中頃までが暑さのピークになります。
今年の梅雨の雨にしてもそうでしたが、暑さも、年々厳しくなってきている気がします。

今までは、最高気温が30度以上の日を「真夏日」と表現していましたが、最近は35度以上の日を「猛暑日」と表現するようになりました。

睡眠やバランスの良い栄養などをしっかりお取りいただき、さらに、炎天下では無理をしないで、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

さて、以前にも書きましたが、暑い頃の風物詩に「暑中見舞い」がありますが、今が、まさにぴったりの頃で、普段疎遠になっている知人や友人、さらに遠方の親せきなどに、心を通わす絶好の機会です。

加えて、身近な友人やビジネス上の人等に、さらなる親交を深める、またとないチャンスです。

思い思いの葉書を手作りされるのもお勧めですが、夏らしいデザインの便せん・封筒での便りも良いモノです。
物が豊かになった分、遊び心も加味して創意工夫を試みるのも楽しいですよ。

葉書や手紙で文を交わすことは、メールや電話などと違い、大変味わいの有るコミュニケーションです。無縁社会等と言われる時代だからこそ積極的に出したいものです。

暑中見舞いのポイントは、くどくど書くより、短文ですっきりと自分の言葉で纏られることです。相手に対し、最高の思いを込めて、それを端的に表現するのがおすすめです。

7月22日は二十四節季の一つの「大暑」ですが、7月19日は雑節の一つ「土用の入り」です。

ちなみに「土用」とは、立春・立夏・立秋・立冬の前約18日間のことですが、今では立秋(今年は8月7日)の前の約18日間を指す場合が多いです。

従って、この土用の頃に出す見舞い状ですから、暑中見舞いの事を、「土用見舞い」ともいいます。

年賀状と共に、明治以降、郵便制度の発達と共に一般にも広く普及しました。

土用の暑い時期には、身体に精力をつけたり、あるいは身体を休めるために「う」のつくもの、例えば鰻や牛、あるいはうどんや梅干し等を食す習慣がありますが、お好みの「う」の付くものを食しながら、冷たいビールと共に一筆啓上することを、夏の風物詩に加味されてはいかがでしょうか。








この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1454《自分に自信がありますか?質の良い自信のお勧め》

「自己理解」とか「自分探し」という言葉が登場して久しくなりますが、自分磨きに励まれている方も多いと思います...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1453《出会い後のアフターフォローの仕方》

「マナーうんちく話1452」からの続きです。出会いがあった後に熱心に働きかけることで、相手にはこちらの熱...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1452《「人脈づくり」の秘訣はアフターフォローにあり》

前回人づくりに触れましたが、さらに具体的に触れてみます。公私にわたり人づくりは大切で、出会いを活かすた...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1451《万物が躍動する時です。「人脈づくり」に励みませんか?》

先人は花が咲くことを「笑う」と表現しましたが、百花繚乱と言われるように多くの花が咲き乱れ、新芽が萌え出し、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1450《「753現象」と上司と部下の関係》

突然ですが「七五三現象」をご存知でしょうか?新卒で就職した人のうち、中卒の人は7割、高卒の人5割、大卒の...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ