コラム

 公開日: 2012-07-16 

マナーうんちく話282≪MOTTAINAIとマナー≫

日本が世界に誇る文化でありながら、日本人自身がその素晴らしさを世界に向けて発信できずに、逆に外国の人から改めて認識されられるモノがあります。

「もったいない(MOTTAINAI)」はその典型的な例ではないでしょうか?
この言葉は、親日家であり、2004年にノーベル平和賞を受賞された、ケニアのワンガリ・マータイ博士により世界に発信された言葉です。

そして今、その言葉は小学生にも理解されていますが、その意味は、Reuse(再利用)、Reduce(ゴミの削減)、Recycle(再資源化)に集約されているようです。

確かに、循環型社会を目指すに当たり、この「3R」はとてもいい響きです。
さらに、昨年の大震災以来、資源に関する諸問題を、より身近に感じるようになり、「3R」は着実に進展している気がします。

節電に励み、鉄くずを再利用し、ペットボトルを回収したりする取り組みが、日常生活の中で実践されていることは、大変素晴らしいことだと思います。

でも、この「もったいない」の本質的な意味は、もっと他に存在しているのでは?と私は思っています。

「もったいない」は、ただ単に、ゴミを削減し、再利用することのみならず、もっと、もっと、深い意味が込められているのではないでしょうか?

その典型的な例が、食前、食後に発する、「いただきます」と「ごちそうさま」の言葉の意味です。

「自分の命を長らえるために食材となる命を頂くことへの感謝」、さらに、その食材、すなわち、「卵や鶏や牛や豚を育ててくれた人」、「魚を取ってくれた人」、「野菜を育ててくれた人」、加えて、「料理を作ってくれた人」、「その料理をサービスしてくれる人」、「料理を盛る器を作ってくれた人」たちへの感謝を意味する言葉であります。
加えて、作物が育つための太陽や水など、自然にも感謝する心を意味します。

だから、「食べ物を粗末にする」ことは、最も、MOTTAINAI精神に背くことになります。
「MOTTAINAI=生きる根源である食べ物を粗末にすること」ですね。

だから、食料自給率が39%と、先進諸国では最下位の日本人が、食品廃棄物、いわゆる残飯を世界で一番多く排出していることは、大いに反省の余地があるのではないでしょうか?

世界に誇る「素晴らしいマナーを有する国」、そして世界で一番の「飽食の国」、世界で一番の「美食の国」日本が今、世界で一番マナー違反をしているような気がしてなりません。

フランス料理が、ユネスコの世界文化遺産に登録され、それに続き、日本の和食が今年の春、登録申請されましたが、和食の特徴は、フランス料理の美味しさ、社交性、絢爛豪華さに比較して、食前・食後の「感謝の言葉」に見られるような、「精神文化」に大きな特徴があります。

日本ではすっかり死語になった、「MOTTAINAI」を復活して下さったマータイ博士に感謝するとともに、その根源をなす和食の精神文化を、さらに、家庭や食育等に生かしていただきたいと思うわけです。

最後に、マータイ博士は「人は自然に対し、より謙虚になれ」と述べておられます。ジーンとくる言葉ですが、これぞ、長い間日本人が最も大切にしてきた、マナー精神ではないでしょうか?

いくら「3R」が進展しても、「食べ方」、すなわち、感謝の心で、姿勢を正し、美味しく、好き嫌いなく、残さず、美しく食べ、全体的に食品廃棄物を減少する取り組みがなされない限り、根本的な解決にはならず、ここから多くの矛盾が発生します。

「MOTTAINAI」の続きとして、「自殺」、「いじめ」についても触れてみたいと思いますが、その大きな要因は、食べ方に有る気がしてなりません。

家庭における、「賢い食べ方」と「テーブルマナー」の大切さを、再認識する必要がありますね。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ