コラム

 公開日: 2012-07-15 

マナーうんちく話281≪彼女同伴フレンチのマナー⑤≫

彼女同伴時のフレンチレストランでのマナー⑤「ドリンクの注文とワインのテイスティング」

料理が決まったら、次は飲み物です。よく、「フランス料理とワインは夫婦のようなものだ」と言われますが、まさにその通りだと思います。

従って、酒は飲めないより、飲めた方が、はるかに食事が楽しくなると思うわけです。だから、マイカーなどでの来店は極力避けてほしいと思います。

ところで酒には、製法上の分類としては、「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒(混合酒)」がありますが、飲み方による分類としては、「食前酒」「食中酒」「食後酒」があります。

居酒屋に行けば、飲み物は「とりあえずビール!」になる人も多いと思いますが、フランス料理では少し寂しい気がします。

フランス料理は、料理の知識も複雑多様ですが、それに伴う飲み物もしかりです。最初は食前酒、すなわち「アペリティフ」が良いです。
この食前酒を何にするか?迷うところですが、ここが肝心です。

有名な食前酒としては、シェリー酒、ベルモット等がありますが、飲み慣れていなかったら、白ワインとかシャンパンがお勧めです。

問題は、太郎と花子が、どれだけ酒に強いか否かです。
どちらも飲めるタイプでしたら、シャンパンか辛口の白ワインがお勧めですが、あまり飲めないタイプでしたら、甘口の口当たりの良い、白ワインかロゼワイン等がお勧めです。程度にもよりますが、グラスワインでも可能です。

白ワインもシャンパンも、最適の「食前酒」であり「食中酒」になりますので、フランス料理には一番合うと思います。

ソムリエが相談に乗ってくれますから、好みのドリンクと予算を告げ、料理にマッチした銘柄を選んでいただいたらいいです。

ちなみに、料理もそうでしたが、アペリティフもオーダーするのは太郎の役割です。

ところで、シャンパンはそうでもありませんが、ワインをボトルでオーダーしたら、太郎はワインの「テイスティング」を担当するようになります。

すこし、キザな格好になったり、恥ずかしい気がするかもしれませんが、ここは堂々として下さい。花子に対して、最高のもてなしになります。
花子も、太郎の、その仕草にうっとりです。

決して、難しく考えて頂くことは有りません。
オーダーしたワインの品定めと受け取って下されば良いと思いますが、これは太郎と花子の食事会に、大きな花を添えてくれる、最良のイベントになるはずです。またビジネスでの接待などでも功を奏します。

ワインのテイスティングのポイントは、「見る」「嗅ぐ」「味わう」の3点です。

先ず、ソムリエが、オーダーしたワインのボトルを見せてくれます。この時は、ワインリストに掲載されている情報、例えば品名やビンテージ(収穫年度)等が一致しているかどうかを、直接太郎の目で確認します。

この際、フランスワインならフランス語、ドイツワインならドイツ語表示になっています。特にドイツ語なんかはよく理解できないかもしれませんが、私の経験ではまず異なることは有りませんので、了解して頂ければ良いと思います。

次に、グラスに3分の1程度、ワインを注いでくれますから、ワイングラスの柄を取り、色を見て、臭いを嗅いで、ワインを少し口に含み味を確かめて下さい。

そしてOKのサインを出していただいたら完璧です。
ソムリエは、花子から先にそのワインを注いでくれます。
この時、花子はくれぐれも、ワイングラスを持ち上げないでくださいね。
次に太郎のグラスに注いでくれます。

二人で、ワイングラスを目の高さまで上げ、互いに目を見て、笑顔で乾杯して下さい。この時、口上を述べるのは太郎の役割です。
ありきたりですが、「二人の未来のために乾杯!」

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1388《健康は自分自身に贈る最良で最大のプレゼント》

「一年の計は元旦にあり」と言われますが、今年こそはと新たな目標を定められた方も多いと思います。中でも禁...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ