コラム

 公開日: 2012-07-04 

マナーうんちく話273≪幸福度と感謝の心≫

紫陽花と共に、梅雨時を彩る花に「合歓(ねむ)の木」が有りますが、今まさに見ごろですね。合歓の木と言えば、日本で初めて肢体不自由児養護施設「ねむの木学園」を設立された宮城まり子さんを思い浮かべる方も多いと思いますが、この木は、河原のように水の豊富な所に自生しており、フワフワした絹糸のような感じの、薄い桃色の大変美しい花です。
英語はSilk treeですが、いかにも的を射た表現だと思います。

昼花を咲かせ、夜になると、左右の葉が合わさって眠るように垂れ下がるので、「ネムノ木」という名前が付けられたそうです。
そして、漢字では、左右の葉がピッタリと合わさって様子が、夫婦が共寝する姿とよく似ているから、「合歓の木」と表現され、「非常に喜ばしい」とか、「共に喜びを分かち合う」等の意味を有し、幸せな様子を連想します。


ところで最近、世界機関、内閣府、大学等で「幸せ度」に関する調査結果や研究成果が話題を呼んでいますね。

前回触れました、経済開発機構(OECD)が、国民の幸福度を促成する「より良い暮らし指数」を発表しましたが、日本はOECD加盟国36カ国中21位です。
日本は豊かで便利で平和な国ですが、余暇とか食事の時間が極端に少ないのが原因のようです。
ちなみに1位はオーストリア、2位はノルウェー、3位はアメリカです。

一方、内閣府が近年、毎年行っている、国民の幸福度についての意識調査「国民生活選好度調査」では、幸福度が高いとされた人の割合が、29歳以下が55%、30代は61%、40代及び50代は55%、60台は51%、70代以上は44%という結果でした。経済統計とはひと味違う手法で、豊かさを測るためのこの数字を、どのように捉えるかは、人それぞれですが、やっと過半数を超えた数字では満足できませんね。

さらに、法政大学大学院が発表した「幸せ度」ランキングでは、全国1位は福井県、2位は富山県、3位は石川県で、岡山県は24位で、47位は大阪府となっています。1位の福井県は未婚率の低さ、出生率の高さ、犯罪の少なさ、及び正社員比率の高さが得点を上げ、最下位の大阪府は生活保護受給者の多さと治安の悪さが、厳しい点に繋がったと結論付けています。

幸せの感じ方は、人それぞれですが、幸福度と言えば、実に国民の95%以上の人が幸せを実感している小国、ブータンを思い起こす人も多いと思います。

日本はやっと50%の人が幸せを実感していますが、ブータンは95%以上の驚異的な数字です。この数字の違いはどこにあるのか?

ブータンの宗教的背景か、あまり他国を気にしない性格のせいか、学校教育に原因が有るのか、あるいは貧富の差が少ないからなのか、幸せを実感できる能力が高いのか、新聞やテレビを見る限りでは詳しい原因は理解できません。公的機関の、さらなる調査結果の発表を、期待するところで有ります。

しかし、いずれにせよ、四季が世界的に美しく、物質的にも恵まれ、教育や文化水準も高く、67年間戦争に無縁で、治安も世界のトップを走り続けている国が、日常生活に疲れ、多くの矛盾を抱え、心の豊かさを全く感じられない現状で有ることは、明白のようですね。


ところで皆さんは、人間にとって、「一番幸せな事」は何だと思いますか?
世界一「飽食の国」日本では、あまり実感されている人は少ないと思いますが、「食べ物を、不自由することなく、安心・安全の状態で食べられること」ではないでしょうか?

人類が誕生して仮に300万年とします。このうち、実に299万9950年間は、人間は常に「飢え」との戦いでした。日本でも、終戦直後は大半の人が食べ物に大変不自由しました。
満足に食べられるようになったのは、ここ半世紀前くらいからです。

しかし、地球全体では、総人口約70億人のうち、未だに約12億人の人は食べ物に非常に不自由しているのが現状です。さらに、約8億人の人は恒常的栄養失調をきたしています。加えて、1日数万人の人が飢餓で亡くなっています。

また、食べ物に不自由しなくても、病気になれば、まともに食べられなくなりますし、加齢になっても食べることに不自由します。

幸せを実感されてない方は、考え方を変えられることをお勧めします。
どう変えるかと言えば、「食べ物が、美味しく食べられるだけで、自分は幸せなのだ!」と感じることが大切ではないでしょうか?
そして、美味しく食べられることに感謝することも、併せて必要だと感じます。

「感謝する心」は、幸せへの一番の近道だと思うわけです。

最近、特にテーブルマナーの依頼が増えましたが、私のテーブルマナーの話は、先ずこのような話から始まります。

テーブルマナーの根幹をなすものは、「食べるという行為に心の美しさ」を加味することです。
心の美しさとは、「感謝の心」や「相手に対する思いやりの心」に他なりません。

7月6日(金)、「ライフパーク倉敷」(倉敷市福田町古新田)で、倉敷市民学習センター主催の「和食のテーブルマナー講座」が、10:00―正午まで開催されます。関心ある方はぜひお越しください。要予約⇒086-454-0011
当日は講義のみで、実践は7月20日(金)10:00-13:00です。






この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ