コラム

 公開日: 2012-07-03 

マナーうんちく話272≪知っている事と実行する事≫

挨拶はコミュニケーションの基礎の基礎です。
今さらその必要性をうんぬんすることは無いと思います。
しかし、家庭や地域や職場で、どれくらいの人が、前向きで、明るい挨拶を実行しているのかは大いに疑問になるところです。

ちなみに、挨拶の目的は「相手の存在の確認」、及び「その相手に対する敬意」を態度や言葉で表現することです。
従って、挨拶は、その人の社会性やコミュニケーション能力を端的に表すものだと言えます。そして、挨拶の仕方も多種多様です。

「握手」は、ビジネスシーンでは上位者から下位者へ、プライベートシーンでは女性から男性に向けて行いますが、「日本の挨拶」は、先に相手の存在に気が付いた人がすることができます。従って相手が誰であれ、先に挨拶をすることで、良好な人間関係を築くことができるわけです。

しかも挨拶は、朝起きてから、夜寝床に着くまで、家庭や地域や職場、さらに乗り物の中や店の中等、あらゆる場所で行う必要不可欠のものです。

ここまでは、誰でも解っていることです。
では、実際に、それぞれの場所で、キチンと挨拶をしているか?否か?です。

特に、子育てに携わっているお父さんお母さん。
教育に携わっている人。
職場で指導的な立場にある人。
地域の世話役の人。
如何でしょうか?
このような人が先ず率先して、明るい挨拶を実行して頂きたいものです。

ダイエットや自己啓発もしかりです。
大切であることを理解している人は多いと思います。
しかし、それを実際に実行している人はかなり少なくなります。
さらに、効果が出るまで持続している人は極端に少なくなります。

挨拶は、誰でも、どこでも、簡単に実行できます。
しかも、計り知れない位、大きな効果が期待できます。

次の基本的な挨拶を徹底されることをお勧めします。

○朝の挨拶「お早う」
・家庭内で朝起きた時、家族全員で元気よく交わして下さい。
・出勤途上や職場で、部下も上司も元気よく交わして下さい。

○外出の時の挨拶
・外出する時は、黙って行くのではなく「行ってきます」の挨拶が必要です。

○見送る時の挨拶
・「行ってきます」の挨拶に対しては「行ってらっしゃい」です。

○感謝の言葉
・「ありがとう」です。出し惜しみしないで、家庭でも、職場でも、この言葉が飛び交うようになれば、そこはハッピーです。「すみません」より「ありがとう」です。

○謝罪の言葉
・「申し訳ございません」「失礼いたしました」です。

○食事をする時
・「いただきます」⇒食前に発する、食材に感謝する挨拶です。
・「ご馳走様」⇒食後に発する、料理を作ってくれた人に感謝する言葉です。

○寝る前
・「お休みなさい」は家族中で発して下さい。

これらの挨拶のポイントは、「相手の目を見て!」です。
日本は、世界屈指の豊かで便利な国です。
でも「幸福度」はとても低いのが現状です。
ちなみに、経済協力開発機構(OECD)が発表した、幸福度に関する指標は、加盟国36カ国中21位です。豊かな割には人間関係の希薄さが伺えますね。
全ての人が、日常生活で、基本的な挨拶を実行することで、この数字はかなり伸びると思うわけです。

次回は、この点をさらに深く、お話ししたいと思っています。
是非お付き合いくださいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ