コラム

 公開日: 2012-07-01 

マナーうんちく話271≪淑女の条件≫

当分、梅雨が明ける気配は有りませんが、今年も半分過ぎて、いよいよ7月・文月(ふづき・ふみづき)ですね。
残りの6ヶ月間も、益々充実して過ごしたいものです!

ところで、「文月」の語源は、詩歌や字を書き、文章や書道の上達を祈念した、「七夕の行事」にちなんだものとする説が有力ですが、7月は異名を、「女郎花(おみなえし)月」ともいいます。

「女郎花」は、夏から秋にかけて咲く黄色の小花ですが、眺めたり愛でたりして楽しむ、「秋の七草」の一種で、万葉集や源氏物語にも登場する、日本人には大変なじみの深い花です。

「オミナエシ」の「オミナ」とは美女と言う意味で、「エシ」は「圧し」とか「減し」の意味です。すなわち、女郎花が余りにも美しいので、美女の美しさが、圧倒されるとか、減少すると言うことです。

このコラムでも、「牡丹(ボタン)」「芍薬(しゃくやく)」「百合」「菖蒲(あやめ)」「杜若(かきつばた)」等が登場しましたが、日本人女性の美しさは、様々な花にたとえられています。

オミナエシもその意味では、勝るとも劣らぬ花ではないでしょうか?
花言葉は、「美人」「親切」「儚さ」ですが、解熱作用のような薬効もあります。
女性に例えれば、まさに「淑女」や「セレブ」ですね。

ちなみに、セレブとは、1990年の終わり頃から、有名人、著名人、ブランド品をまとっている人を意味するようになりましたが、本来の意味は「Celebrity」で、単に有名とか、お金持ちだけでなく、それに「社会のために役立つ」と言う要素が加味されるようです。

すなわち、「淑女」とか「セレブ」とは、気品、教養を身に付け、何事にも常に前向きに取り組み、自分も輝き、周囲の人をもハッピーにすることができる人ではないでしょうか?

単に、お金が有るから、ブランド品を沢山身に付けているから、社会的地位が高いからだけでは無理なようです。

本当の意味で「淑女」と言われるためには、豊かな心を持ち、気品と教養を兼ね備え、さらに思いやりの心(社会貢献)を視野に入れることが大切だということです。

モノに敬意を抱き、モノを見る目を養い、自分をわきまえることも必要だと感じます。

さらに、身も心も美しく保たなければなりません。
淑女にとって、外見はとても大切です。
外見に自信が持てれば、心が前向きになります。

そしてその勢いで、内面にも磨きがかかります。
ぜひ、素敵な「礼儀・作法」を身に付けられることをお勧めします。

これは、古今東西、同じではないでしょうか?
そして、このコラムで常にお話ししていますが、「形」ばかりに、こだわることなく、その「合理的な理由」を追求して頂きたいものです。

この合理的な理由を、キチンと理解できなければ、本当の美しさや、思いは伝わらないと思います。

例えば、「なぜ明るい挨拶が必要なのか?」、「なぜ香典の表書きに御霊前と書くのか?」、「なぜ箸を正しく持たなければいけないのか?」、「なぜ、つまらないモノですが、と言って贈り物を渡すのか?」、「なぜ一枚で済む便箋を2枚にするのか?」、「なぜ握手をする時には相手の目を見るのがマナーなのか?」等などです。

ここがとても大切な所です。
次に、これらをキチンと理解したら、今度は実践あるのみです。

礼儀・作法はある意味では、精神文化です。
「質草」にはなりませんが、時代がいかに変わろうとも、人生をこの上なく豊かに彩ってくれます。

人間として、常に普遍的な意味を持つ「礼儀・作法」をみにつけることこそ、淑女の条件だと思うわけですが、戦前の「良妻賢母教育」に、そのヒントを探るのもお勧めです。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ