コラム

 公開日: 2012-07-01 

マナーうんちく話271≪淑女の条件≫

当分、梅雨が明ける気配は有りませんが、今年も半分過ぎて、いよいよ7月・文月(ふづき・ふみづき)ですね。
残りの6ヶ月間も、益々充実して過ごしたいものです!

ところで、「文月」の語源は、詩歌や字を書き、文章や書道の上達を祈念した、「七夕の行事」にちなんだものとする説が有力ですが、7月は異名を、「女郎花(おみなえし)月」ともいいます。

「女郎花」は、夏から秋にかけて咲く黄色の小花ですが、眺めたり愛でたりして楽しむ、「秋の七草」の一種で、万葉集や源氏物語にも登場する、日本人には大変なじみの深い花です。

「オミナエシ」の「オミナ」とは美女と言う意味で、「エシ」は「圧し」とか「減し」の意味です。すなわち、女郎花が余りにも美しいので、美女の美しさが、圧倒されるとか、減少すると言うことです。

このコラムでも、「牡丹(ボタン)」「芍薬(しゃくやく)」「百合」「菖蒲(あやめ)」「杜若(かきつばた)」等が登場しましたが、日本人女性の美しさは、様々な花にたとえられています。

オミナエシもその意味では、勝るとも劣らぬ花ではないでしょうか?
花言葉は、「美人」「親切」「儚さ」ですが、解熱作用のような薬効もあります。
女性に例えれば、まさに「淑女」や「セレブ」ですね。

ちなみに、セレブとは、1990年の終わり頃から、有名人、著名人、ブランド品をまとっている人を意味するようになりましたが、本来の意味は「Celebrity」で、単に有名とか、お金持ちだけでなく、それに「社会のために役立つ」と言う要素が加味されるようです。

すなわち、「淑女」とか「セレブ」とは、気品、教養を身に付け、何事にも常に前向きに取り組み、自分も輝き、周囲の人をもハッピーにすることができる人ではないでしょうか?

単に、お金が有るから、ブランド品を沢山身に付けているから、社会的地位が高いからだけでは無理なようです。

本当の意味で「淑女」と言われるためには、豊かな心を持ち、気品と教養を兼ね備え、さらに思いやりの心(社会貢献)を視野に入れることが大切だということです。

モノに敬意を抱き、モノを見る目を養い、自分をわきまえることも必要だと感じます。

さらに、身も心も美しく保たなければなりません。
淑女にとって、外見はとても大切です。
外見に自信が持てれば、心が前向きになります。

そしてその勢いで、内面にも磨きがかかります。
ぜひ、素敵な「礼儀・作法」を身に付けられることをお勧めします。

これは、古今東西、同じではないでしょうか?
そして、このコラムで常にお話ししていますが、「形」ばかりに、こだわることなく、その「合理的な理由」を追求して頂きたいものです。

この合理的な理由を、キチンと理解できなければ、本当の美しさや、思いは伝わらないと思います。

例えば、「なぜ明るい挨拶が必要なのか?」、「なぜ香典の表書きに御霊前と書くのか?」、「なぜ箸を正しく持たなければいけないのか?」、「なぜ、つまらないモノですが、と言って贈り物を渡すのか?」、「なぜ一枚で済む便箋を2枚にするのか?」、「なぜ握手をする時には相手の目を見るのがマナーなのか?」等などです。

ここがとても大切な所です。
次に、これらをキチンと理解したら、今度は実践あるのみです。

礼儀・作法はある意味では、精神文化です。
「質草」にはなりませんが、時代がいかに変わろうとも、人生をこの上なく豊かに彩ってくれます。

人間として、常に普遍的な意味を持つ「礼儀・作法」をみにつけることこそ、淑女の条件だと思うわけですが、戦前の「良妻賢母教育」に、そのヒントを探るのもお勧めです。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1598《「お里が知れる」!?靴の脱ぎ方・揃え方のマナー》

最近ではあまり使われなくなりましたが、日本には「お里が知れる」という諺があります。どんなに繕いでも、「...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1597《世界共通の美しいテーブルマナーとは?》

食べることと飲むことは動物が生きていく上で必要不可欠な行為ですが、人間は他の動物と異なり、食べることに様々...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ