コラム

 公開日: 2012-06-26 

マナーうんちく話268≪職場に素敵なマナーを!≫

「岡山マイベストプロ」に登録し、マナーに関するコラムを発信して2年になろうとしております。毎回多くの方々にご覧いただき深謝いたしております。
そして、今後ともよろしくお願いいたします。

お陰を持ちまして、私のページを訪れて頂いた人数も着実に増加し、それにつれてマナーに関する質問や講座・講演依頼も沢山いただくようになりました。日本を代表する企業・中小企業・各種団体・学校・組合・地域・行政・病院関係・公民館・カルチャー教室等など様々ですが、中には思わぬところから大変ユニークな講演依頼を頂くケースも結構あります。

最近は、県内のみならず県外からの依頼もあり、対応に追われる時も有りますが、マナーのプロとして感じることは、「新入社員・職員、中堅社員・職員に正しいマナーを修得させたい」、「職場の雰囲気を明るくしたい」、「接客・接遇のスキルアップを図り売り上げを伸ばしたい」、「CS運動の一環として」、「他社との差別化を図りたい」と希望する事業所が増加しているようです。

「不景気で売り上げが停滞している」、「首を絞めるような価格競争はもう限界」、「製品や技術力だけでは不安」だと言う声が聞かれる状況下において、マナー教育に着目されることは誠に理にかなっていると思います。

加えて、最近の雇用形態の在り方にも問題が有るようです。
同じ職場で、一方は正社員、一方は非正規社員の場合は、正直言って、職場における良好な人間関係を築くのはとても大変です。
同じ仕事をして、給料や福利厚生面で差が生じるので無理もないと思います。

私も非正規社員の割合が多いホテルで管理職をしていましたから、身に沁みて解ります。
このような場合は、本音と建前を使い分ける必要性も、時としてあります。
また、部下を管理する前に自分自身がダメになってしまうケースも有ります。

さらに深刻なのは、最近顕著になって来た、絆の希薄化です。
日本は世界でもユニークな「新卒制度」があり、学校を卒業すれば、仕事の経験やスキルは無くとも、企業や行政機関等で採用してくれます。
勿論、採用に至るまでの基準や条件は様々ですが、殆どの卒業生はこの制度のお陰で就職できます。

問題は就職してからです。
今、早期離職する若者が大変増えています。

高卒と大卒とでは状況が少し異なりますが、いずれにおいても、就職してから3年以内に離職する人の割合が3割を超えています。
とても由々しき状態です。

そして、その8割以上は、当事者にコミュニケーションスキル等の問題が有ると言われていますが、迎える側の先輩や上司にも、その責任の一端は有ると感じます。要は迎える側にもコミュニケーションのスキルは必要だということです。企業のみならずあらゆる職場でも、同じことが言えると思います。

加えて、「新型うつ」の問題も浮上してきています。
これは、先輩も上司もどのように対応していいのか非常に困惑します。

このように、販売戦略の一環としてのマナー研修の他に、先ず、内輪の環境改善のためのマナー研修が増えているように感じます。

これはとても大切なことです。
職場での良好な人間関係が築けなくては、良い仕事はできません。
改めて、職場の雰囲気をチェックしてみられては如何でしょうか?

また、家庭を持たれている人は、家庭の環境をよくすることが先です。
家庭内で挨拶が無ければ、職場でも明るい挨拶はできません。
夫婦間にわだかまりが有れば当然仕事にも悪影響を与えます。
まして、理想的な接客や接遇は無理ですね。

自分の家庭や職場の雰囲気が、いまいちだと思われたら、マナー研修を検討されたらいいと思います。
大切な事は、知識としてマナーを把握して頂くのではなく、家庭や職場で実践して頂くことです。そのためには、「なぜこうする必要があるのか?」、理屈をキチンと理解することです。
そして職場全員で取り組むことが大切です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ