コラム

 公開日: 2012-06-22 

マナーうんちく話266≪食文化と世界三大食法≫

「晴れの国」岡山でも、当分の間は、雨とのお付き合いになりそうです。
蒸し蒸しジメジメした雰囲気に包まれ、身体に変調をきたしたり、気分がすぐれない方も多いと思いますが、こんな時こそポジティブに参りたいものです。

それにしても先人たちは、梅雨と上手に向かい合ったものだと感心します。
その一つに、梅雨に付けられた素敵なネーミングが有ります。

菜の花が咲く頃に降る長雨には「菜種梅雨」、タケノコが生える頃に降る雨には「筍梅雨」、さらに卯の花が咲き始めた頃に降る雨には、白い卯の花をくたす、すなわち腐らすので「卯の花くたし」と名付け、そして、梅の実が熟す頃に降る本格的な長雨を「梅雨」と表現したわけです。

加えて、本格的な「梅雨」には、降り方や降る時期により、「青梅雨」「暴れ梅雨」「荒梅雨」、さらに「男梅雨」「女梅雨」等の名前が付けられています。

特に春から初夏にかけて降る雨は、植物の成長を促してくれるので、それぞれの雨に、作物が大きく育つことを祈願して、それに相応しい名前を付けたのではないでしょうか?

そればかりか、雨で季節の変化を感じ取れる、豊かな感性を秘めていたのではと思うわけです。

さて、前回はテーブルマナーに触れましたが、今回は「世界の三大食法」についてのお話しです。

○手食
殆どの人が手で食事をする地域は、アフリカ、中近東、西アジア、南アジア、東南アジアのヒンズー教徒並びにイスラム教徒だそうです。
そして、神聖な食べ物を食すのに、道具を使用しては神様に対して失礼であるという考えのもと、直接自分の手で食すのが手食です。

ちなみに地球上のコメは1000種以上あると言われておりますが、大きく分類すれば、短粒種のジャポニカ米、長粒種のインディカ米、中粒種のジャバニカ米ですが、長粒種のインディカ米が、手で食すのに適していたからだともいわれております。また、手で食べるのなら、どちらの手を使用しても良いわけではありません。清浄とされているのは右手ですから、右手で食すのがマナーです。

○ナイフ・フォーク・スプン食
ヨーロッパ、ロシア、オセアニア、南北アメリカ等の肉食系の国に多くみられます。肉を切り分けたり、突き刺したりするのには、やはりナイフやフォークが必要になるので、この方法が発達したのではないでしょうか?
但し、ナイフやフォークが広く普及したのは比較的遅く、16世紀後半以降からだと言われています。

従ってそれ以前は、王侯貴族といえども、最初はナイフのような鋭利な物で切り分け、その後は手で食していたようです。

そしてこの食べ方では、折角の衣装が汚れるので、衣装全体を覆える大きな「よだれかけ」のような布を使用していたと考えられています。これが今のナプキンの始まりですね。
ちなみに、大きな「よだれかけ」を止める小物がブローチの始まりだったとか。
また当時のテーブルクロスは、手を拭くためにも使用されていたようです。

○箸食
中国、韓国、日本、東南アジアの一部ですが、その国々で、箸の大きさ・素材・太さ等が異なります。勿論、箸の使い方のマナーは国ごとで大きく異なりますが、特に日本の箸使いに関するマナーは複雑多様であり、世界中で一番古い歴史を有しています。なお、詳しくは今までのコラムを参考にして下さい。


狩猟生活を基盤とし、戦争に明け暮れた歴史を有する、西洋の食法やテーブルマナーは、「危害防止」及び「社交性」の側面を有しておりますが、農耕文化を確立させ、平和な社会を築いた、日本の食法やマナーは、どちらかと言えば、「機能性」や「美」を追求しています。

互いの、歴史的背景を理解し文化を尊重し、和食にせよ、洋食にせよ、より心豊かな食生活を送りたいものです。
それぞれ食法は異なっても、その根底にある考え方は全て、「食べることは生きること」ということです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

46

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ