コラム

 公開日: 2012-06-21 

マナーうんちく話265≪食文化とテーブルマナー≫

6月21日は二十四節季の一つ「夏至」です。
一年で最も、昼が長く、夜が短い日ですね。

この日が過ぎたら、いよいよ本格的な夏を迎えるわけですが、太陽を力一杯実感できる日なのですが、梅雨の最中です。加えて今年は思わぬ台風に遭遇し、太陽が陰ってしまったようです。

さて、先人は四季を様々に分類し、日常生活や農事の参考にしてきましたが、もともとは「夏至」と「冬至」の分類が最初です。

次に「春分」と「秋分」、その後「立春」「立夏」「立秋」「立冬」が考案されたそうです。

ちなみに、「冬至」には、無病息災やビタミン類等の栄養補給のため、柚子湯につかったり、カボチャを食べたりしますが、「夏至」は如何でしょうか?
「今日は夏至だから○○○を食べよう!」という食べ物がおありでしょうか?

昔は、夏至を迎える頃はちょうど田植えが終わった頃ですから、植えたばかりの稲の根が、深く根付くように、8本の足を持つ「蛸」を食していました。
今でも食べる地域が有るかもしれませんが・・・。


ところで今まで日本の「箸食の文化」に触れてきましたが、今回は世界の食文化についてのお話しです。

世界中には多様な食文化やテーブルマナーが存在しますが、最初にテーブルマナーとは何か、なぜ必要なのかについて触れてみます。

テーブルマナーとは一言で言えば、食べる行為に「心の美しさ」を加味したものだと言えます。

「生きることは食べること」といわれるように、食べたり飲んだりすることは生きていくためには不可欠なことです。
そして、単に食べるだけでなく、その食べ方を、思いやりの心、感謝の心で、楽しく、心豊かに、品の有るモノにするために、長い時間をかけて創られたものです。

但し、思いやりの心や感謝の心の表現の仕方は、その国々の歴史、文化、気候風土、国民性等によりまちまちです。
さらに、食べる時に使用する道具、調理方法、食べ物、食習慣も大いに異なります。

すなわちテーブルマナーは、その国々の食文化により異なり、決めごと等も一致しませんが、いずれも、必ず、「なぜそうするのか?」と言う合理的な理由が存在します。

従って不必要に形にこだわるより、「なぜそうする必要があるのか?」という点を、しっかり押さえて頂きたいと思います。
それぞれの理由を、すべて理解することは至難の業ですが、基本は同じです。

○食料を育んでくれた自然に感謝する。

○食べ物を提供してくれた人や、料理を作ってくれた人、器を作ってくれた人たちに感謝する。

○テーブルをコーディネートしてくれた人、サービスを提供してくれた人等など、それに関わる全ての人に感謝する。

夏至の日に蛸を食べるのは、自然に豊作を祈願するためです。
そして、祈願して、豊作になり、収穫したら、今度はそれに対して感謝します。
テーブルマナーは「感謝の気持ち」が何より大切です。

○さらに、同席の人を思いやり、楽しく心地よい一時を過ごすことです。

以上の事を理解し、実践していただいたら、仕事にも、恋愛にも、心豊かな生活にも、あらゆることに奏功し、人生が好転します。
だからテーブルマナーに心を寄せて頂きたいわけです。

次回は「世界3大食法」を予定しています。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1539《日常生活を心豊かにする「ささやかな幸せ」の感じ方》

秋は月。そして虫の声。昨夜の月はとてもきれいでしたが、一年の中でも一番美しいといわれる秋の月を眺めて...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ