コラム

 公開日: 2012-06-15 

マナーうんちく話261≪割箸の正しい割り方とは?≫

恵みの雨を受け、県南ではあちらこちらで「田植え」が始まりました。
日本の稲作は弥生時代頃からだとされていましたが、最近の研究ではさらにさかのぼるそうですね。

ところで、水田で栽培される稲を「水稲(すいとう)」、畑で栽培される稲を「陸稲(りくとう)」と言いますが、収穫した稲から、「米」「米ぬか」「わら」「もみがら」が採れるのをご存知でしょうか?

それらは、すべて日本人の日常生活や、年中行事、神事の中に溶け込んでおり、いずれも、なくてはならないものばかりです。

今でこそ、農機具の発達により効率的に栽培できますが、稲作が始まって以来、昭和40年頃までの何千年もの間、人の手で田植えが繰り返し行われ、大変重労働だったわけです。

だから稲から採れる、米も、米ぬかも、もみがらも、わらも残すところなく大切にしてきたのでしょうね。そして、このような重労働は、一人ではできないので、隣近所、親族等が力を合わせ共同で行い、絆を深めてきました。

その米を食すのに、日本は箸を使用しますが、それだけに箸使いにも、先人のこだわりが伺えます。

どのようなものを、どんなときに、どのようにして食べるか?
箸にも「祝い箸」「割箸」「塗り箸」という格式を定めたわけです。
日本人らしい発想ですね。

「神人共食箸」である祝い箸については、これまで度々触れてきましたので、今回は、「おもてなしの心」で作られた「割箸」について解説します。

箸は、中国、朝鮮半島、台湾、東南アジアの一部で使用されていますが、それらの国では箸は共有しております。「マイ箸」といわれるように、自分だけの箸を使うのは、恐らく日本人だけの文化だと思います。
裏を返せば、箸は下着と同じで、他人と共有したくないものなのですね。

そのような視点で、割箸は江戸時代に、お客様を「おもてなしする」という発想で作られたようです。
そして、木の目に沿って割るから、割り箸という名前になったそうです。

割り箸は、「この箸はあなただけのために用意しましたよ!」という贅沢な箸ですが、もてなしの心をたいせつにし、清潔好きの日本人ならではの発想ですね。使い捨てで、衛生的で、便利が良く、軽くて使い易い。さらに、箸を割る時の心地良い感触、ほのかな香りと木の目の美しさ等など、すぐれた特徴を沢山備えております。

しかし、時として、割箸は、環境保護の視点から悪者扱いされますが、これはおかしいと思います。

もともと森で伐採したスギやヒノキを、建材や家具などに効率的に利用し、廃材となったものを、さらに大事に使い、割箸に加工したのが割り箸です。

稲を、米・米ぬか・わら・もみ等として全て有効利用したように、資源の乏しい日本では、木も余すところなく使い切ったわけです。
今で言う「究極のエコ」だったわけですね。

ところで、「割箸」を、どのように、使用されていますでしょうか?

殆どの人が垂直に持って左右に割っていますが、「水平に持って上下に割る」ことをお勧めします。理由は、左右に割ると、隣の人に当たるとまずいからです。
所作が美しく、人にも思いやりの有る割方は、膝の上の位置で、割れた方が左に来るように、割り箸の中央部分を水平に持ち、左手で箸の下側を、右手で上側を持ち、上下に割ります。

くれぐれも割った箸を、こすり合わせたり、水につけたりしないでくださいね。
また、使い終えて箸袋に入れる時は、袋の端を2-3センチ折って入れると、「これは使用済みの箸ですよ!」と言う「思いやり」になります。

日本人は年間、割箸を約240億本使用するそうです。
その一本一本の割り箸が、思いやりの心と共に、美しい所作で使用されれば、日本はもっともっと平和な国になるのでは?と思っています。。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1396《どうしても嫌な人との接し方》

日本は世界屈指の長寿国です。つまり世界で一番長い気が出来る国ですが、問題は長生きを競うより、長い人生をい...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ