コラム

 公開日: 2012-06-13 

マナーうんちく話260≪梅雨と紫陽花≫

すっかり梅雨らしくなってきました。
世界中に雨季は多く存在しますが、日本の梅雨は、あまり強い雨ではありませんが、期間が長いために、食中毒やカビが発生しやすいのが特徴です。
ご注意ください。

梅雨に入れば、蛙が喜び、ひときわ元気よく大合唱しています。
蛙の鳴き声は、コオロギや鈴虫のように、お世辞にも美しい音色とは言えませんが、彼らにとっては、この上ない恋の表現です。

そして、梅雨時の花と言えば、なんといっても紫陽花ですね。
この花も、春の桜のように、決して華やかなイメージは有りませんが、雨に打たれながら、モノ静かに咲いている風情は、なぜか、私たち日本人の感性に沁みるものが有ります。

しかし、紫陽花は日本固有の花でありながら、日本人に広く親しまれるようになったのは戦後で、各地で紫陽花の名所が多く作られてきました。

「七変化花」とも表現されるように、花の色は白、青・紫・ピンク・赤と様々で、花言葉も「心変わり」「移り気」が一般的です。

ただ、多様に色を変えるから「移り気」と短絡的の捉えるのではなく、見方によっては、さらに美しくなるために、あれやこれやと「試行錯誤を繰り返している!」と捉える向きも有ります。美しさへのスキルアップでしょうか?


ところで、地球上には実に多彩な文化が存在します。
特に日本では、四季が明確に分かれ、南北に細長く、一年を通じ様々な花に恵まれるからでしょうか、「盆栽」とか「華道(生け花)」という、花に関する伝統文化が根付いています。

そして、それらを巧みに、日常生活や季節の節目に取り入れています。
例えば、門松に松・竹・梅を活けたり、おせち料理に松や南天を添えたり、梅や桜で花見をしたり、お雛様に桃の花を生けたり、端午の節句に菖蒲を活けたり、お月見に芒や萩の花を飾ったり等など・・・。

しかし、残念ながら、次第にその文化が失せて行くようです。
最近では、外国から入って来た「プリザーブドフラワー」や「アートフラワー」等は盛んですが、「生け花」はそれほどでもないような気がします。

料亭や格式のある旅館に行けば、季節の生け花を楽しむことができますが、一般家庭ではあまり見かけなくなりましたね。

花の名前も、ほとんど忘れ去られています。
先日お話しした「衣替え」という言葉も、すっかり、耳にしたり口にしたりすることが無くなりました。その代わりに「クールビズ」という言葉が幅を利かせています。
日本人全てが、それらを容認しているように思え、少し残念です。

6月8日の《マナーうんちく話257》の答えです。

問題1⇒世界で一番多い「食法」は、「手食」で約4割を占めています。
この食べ方は、何も箸やスプンが無いから手で食すのではなく、宗教的な理由からです。「神聖な食物は直接手で触れるべきである!」という考えです。右手が清浄とされているので、右手で食すのがマナーです。

問題2⇒最初に持つのは「お椀」です。詳しくは《マナーうんちく話89」をご覧ください。

問題3⇒箸を逆に持ち、「取り箸」として使用するのは、最も避けて頂きたいマナーです。但しこれは日本だけで、韓国や中国では異なった意味になります。
この場合は、「取り箸」を頂いて下さい。また、店側も付けて下さいね。

「花の文化」も、「箸の文化」も共に、世界に誇る文化です。
国際化が進展すればするほど、世界に向けて発信したい日本独特の文化です。

なぜなら、世界平和と地球の環境保全にとって、とても重要な教えを秘めているからです。おひざ元の日本人が、こんな美しい文化に疎遠になってはいけないと思います。雨に打たれて、けなげに咲いているアジサイを見られたら、思い切り日本人を感じて下さい。日本人としての誇りを持って下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ