コラム

 公開日: 2010-08-23 

処暑とマナー


日本は昔から季節の節目として、あるいは農作業の目安として重宝されてきた暦があり現在でも四季折々を表す言葉として用いられております。
そんな二十四節気の今日は「処暑」ですね。


このコラムでも取り上げました、七月23日の暑さがピークに達する「大暑」、続いて8月7日の秋の気配が感じられる「立秋」、そして8月23日の秋の気配が深まる「処暑」と暦の上ではこうなるはずですが、気象庁始まって以来の記録的な暑さに見舞われ、今年はとんでもない夏になってしまいました。


確かに「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、身体が喜ぶ変化はないにしても、「処暑」という感じが示すように、暑さもほどほどで、朝夕は涼風に癒され、夜はコオロギや鈴虫たちの美しい合唱に心を潤おされたいものですね。


しかし連日連夜のこの暑さ。
秋の風情を感じるどころか、ついついエアコンに頼ってしまいます。
このエアコンの室外機の熱風がまた新たな暑さを誘導し悪循環の繰り返しですね。
わかっちゃいるけどやめられない、というところでしょうか・・・


扇風機やエアコンに無縁だった昔の人や、そのような文明の利器の恩恵を受けていない国の人たちは、さぞかし大変だったな~と感じます。


勿論それなりの対策はあるのでしょうが。
例えば、「風鈴の音で聴覚から涼をとる」「朝顔や夕顔で視覚から涼をとる」「お化け屋敷で精神的な面から涼をとる」「簾を吊るす」「打ち水をする」「団扇・扇子」等などが思い浮かびますが、その土地ならではの気候風土に適したやり方があり、それで十分対応できたのではないかと思います。


また昔の暑さと今の暑さは「質の違う暑さ」のような気がします。
昔の暑さは過ごしやすい「質の良い暑さ」で、今の暑さは温暖化の悪影響をもろに受けた「質の悪い暑さ」だと感じますが、皆さんはいかがでしょうか・・・


「エコ」「エコロジー」「クールビズ」等という言葉を使えば、いかにも温暖化抑制に貢献しているみたいですが、現実の暑さは残念ながらこれらを全面的に否定しているようです。


マナーは「人に対するもの」であると同時に「自然に対するもの」でもあります。
大切なことは一人ひとりが、自然に対し真摯な態度で向かい合い、できることから行動に移すことだと思います。
また「大量消費がなければ経済が発展しない」という仕組みも地球規模で検討しなければいけない時代ですね。


マナーの「良い」「悪い」は、マナーを「知っている」か「知らない」かではありません。
マナーを「発揮できる」か、「発揮できない」かです。
マナーは理解しているが、それを発揮できない人が多いから矛盾が生ずるのです。


例えば「人の話を聴くことはマナーです」。
小学生でも知っています。
でも人の話を「聴く」ことのできない人は大勢います。


「お前の話は聴く耳持たぬ」。
これがすべての争いのもとです。
離婚の原因の大半はおそらくこれでしょう。
最悪のケースは「戦争」です。


日常生活においても、「これだけ暑いのだから少々マナーを守らなくてもいいだろう」と、ついつい甘えが出ます。
暑くも寒くもないときは、ほとんどマナーの差は出ません。


こんな時こそ、美しいマナーを発揮できる人が、本当の意味における「紳士・淑女」だと思います。


「春の来ない冬はない」と言われます。
厳しい暑さがしばらく続くようですが、秋はもうすぐです。
元気を出して頑張りましょう。


追伸
今日頃が「残暑見舞い」を出すのに絶好のタイミングですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ