コラム

 公開日: 2012-06-07 

マナーうんちく話256≪日本人とホタル≫

もうすでにご覧になられた方も多いと思いますが、今年も蛍が飛び交うようになりました。闇夜に乱舞する光景は、いつもながら幻想的ですね。

ご承知の通り蛍は、初夏の風物詩として古くから親しまれ、日本書紀や源氏物語等にも登場しています。

特に私たちになじみが深い、大きい蛍を「源氏ボタル」、小さい蛍を「平家ボタル」と呼びますが、この名前は平安時代末期の源平合戦に由来すると言われております。

昔は人間の霊魂に例えられた気配が有りますが、江戸時代には「ホタル狩り」として一般庶民の風流のたしなみになったようです。
そして、環境保護が地球レベルの課題になった今では、蛍はすっかり、きれいで、豊かな、自然の象徴になりました。

ところで「蛍雪の功」という言葉をご存知でしょうか?

「蛍の光、窓の雪・・・。」という歌詞を思い浮かべられた方も多いと思いますが、一昔前までは、卒業式の定番の曲でしたが、今ではあまり聞かれなくなりました。たまに、閉店間近になって、この曲が流れることも有ります。

さて、「蛍雪の功」の意味ですが、昔は、夜の明かりは殆ど油に頼っていたわけですが、油が買えない貧しい人は、夏には蛍を沢山捕まえて蛍が放つ光で明かりを採り、冬には窓から差し込む雪で明かりを採っていました。
そうして、様々な苦労しながら、一生懸命勉強して、立派な人になったわけですね。

「幼い時の苦労は金を出しても経験せよ!」と言われますが、何もかも豊かになり、大事にされ、猫かわいがりのようにして育てられた人に比較して、多くの苦労を経験して育った人は、まさに筋金入りの人だと思います。

マナーの根幹をなす、「思いやりの心」もここから生まれるのではないでしょうか?


最近、新聞やテレビを見るにつけ、特に気になる事が有ります。

その一つは、若者に広がっている「新型うつ」です。
これには、明確な定義は無いようですが、従来のうつとは大きく異なるようです。例えば、「趣味や娯楽の時は元気一杯の人が、いざ仕事となると鬱になる」とか、「鬱になったのを先輩や上司のせいにするとか」・・・。
そんな具合だから、周囲の理解が得られないばかりか、治療も大変難しいようです。

さらに、深刻な傾向にあるのが若者の自殺です。
警察庁の調査によると、最近、若者の自殺が急増しているようです。
日本は豊かな国ですが、ひと昔より、世界的に自殺大国であったのは承知の通りです。しかし、人生において一番精気がみなぎっている、若者の間で自殺が増加していることは、どう考えても尋常ではありません。

「蛍20日に蝉3日」と言われます。
蛍にせよ、蝉にせよ、幼虫時代が非常に長くて、さなぎを経て成虫になり、地上で暮らすようになるわけですが、地上での命はせいぜい1週間から3週間位だと言われております。

「命のはかなさ」を例えた表現ですが、蛍も蝉も、その極端に短い地上での生活を、共に精いっぱい謳歌し、義務をキチンと果たして、潔く死んでいきます。

蛍は、一生懸命光りを灯し、相手を呼び寄せ、交尾を行い、子孫を残します。蝉は、大きな鳴き声で、一生懸命生きる姿勢を示しながら、子孫を残します。

共に、悩んだり、くよくよしたり、鬱になったりする暇は無いようですね。まして、自ら命を絶つようなまねはしません。

最近、豊かさや便利さと引き換えに、人間として、たくましく、そして心豊かに生きる力が、次第に失せてきたような気がしてなりません。

明治時代に小学唱歌集に掲載された「蛍の光」を思い起こし、若い時に、ある程度の苦労を経験しながら勉強して、大人になってから、豊かさや便利さを享受すれば、さらにハッピーな生活が送れると思うのですが・・・。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ