コラム

 公開日: 2012-05-24 

マナーうんちく話247≪結婚時の持参金≫

ホテルでの結婚式の仕事が板に着いてきて、この仕事に「生きがい」というものを感じられるようになったのは1990年の頃ですが、丁度この頃から、日本における恋愛観・結婚観そして結婚式の様子が大きく変化してきました。

特に、バブル期の1980年後半から1990年の初めの頃の豪華披露宴から、入籍だけで済ませる「ジミ婚」へと、大きく様変わりしたのがこの頃です。

従来の結婚観とかけ離れてきたので、新郎・新婦と両親の間に大きなギャップが生じ、思わぬ展開に至るケースもよくありました。「世間体」を重視する親世代の感覚と、無駄や形式を排除し、何もかも「合理的」にする新郎・新婦とのミスマッチです。

中でも当時一番もめたのが、「結納」と「仲人」だったように記憶しています。
若い新郎・新婦には、ネットやブライダル情報誌に掲載されている内容が一般的で、「仲人」の存在や「結納」の意義が、あまり重要視されないのは残念なことだと感じます。

礼儀・作法と同じように、「しきたり」や「伝統」には必ず合理的な理由が有ります。
時代がいかに変わろうとも、それらはとても大切な意味を持っており、現代社会においても、参考になることは沢山あります。

とくに、「絆」が大きくクローズアップされた今、「和の精神」を尊ぶ日本社会に、何百年も根付いてきた「しきたり」には、そのヒントが凝縮されています。「結納の儀式」などは典型的な例です。新郎・新婦も親も、このことを認識して頂きたいものです。

前々回のコラムで、母親が、花嫁の「文金高島田」に忍ばせた小判のお話をしましたが、今回は結婚時の「持参金」のお話しです。

持参金は、日本のみならず、世界中のあちらこちらで見られる習慣ですが、一般的には「嫁ぐ際に、新婦が持参するお金」です。地方によってはお金のみならず、家財道具・貴金属・電化製品なども含まれる所も有ります。

また結納時に、新郎から頂いたお金を持参金として持っていくこともあります。さらに、貧乏な新郎と金持ちの新婦が結婚する時、新婦が生活資金として持参する例も有ります。

このように持参金の目的や意味は様々で、今ではあまり耳にすることが無くなりましたが、江戸時代には殆どの場合において持参金は有ったようです。

そして持参したお金は、新婦個人が好きに使用するケースも有り、また旦那のモノになるケースもありました。但し、旦那のモノになった場合でも、離婚ということになれば、この持参金全てを妻に返さなくてはいけない義務があったようです。

ちなみに、江戸時代の離婚率は今より高い数字です。
特に、夫は簡単に妻に離婚を切り出すことができたようですが、その時に書くのが「三行半(みくだりはん)」です。

この三行半は、夫から妻への離婚通知ですが、この時に持参金もすべて支払う義務が有ったので、お金が払えなかったら離婚したくてもできなかったわけですね。その視点からすれば、妻が持参する持参金には、離婚防止の御守りの意味があったのかも知れませんね。

また、三行半は一方的な離婚通知のようですが、これが有れば、妻は、誰と、いつ再婚しても良かったわけですから、妻への思いやりを文章で表現したものかもしれませんね。

ところで、時代と共に大きく変化した、恋愛観・結婚観・結婚スタイルですが、いつの世も結婚が現実的ななれば気になるのがお金ではないでしょうか?

「結婚するにはお金がかかる!」ということは、ある程度は覚悟していたが、現実となると、どうしたら良いのかわからない。というケースも多々あります。
不安が多ければ多いほど、人のことが気になるし、氾濫する情報に惑われやすいものです。

結納金・持参金・結婚式にかける費用などは、一般的には社会状況の影響を受けやすいのですが、個人差も大きいモノです。親もしかりです。

しかし、親も、お金が無いから二人の自由にさす、「口も出さないがおカネも出さないよ!」ではなく、親として、本当に大切な事をキチンとアドバイスして頂きたいと思います。

お金は無くとも幸せな結婚はできます。
豪華披露宴を挙げたから結婚生活がハッピーになる保証はどこにもありません。

結婚して幸せな家庭を築くのに必要なのは、「愛情」と「マナー」と「教養」、そして「家事能力」だと私は思っています。
そして、これこそ、嫁ぐ花嫁の最高の持参金ではないでしょうか?


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1547《大切にしたい日本人らしい優しい気配り)

長雨と台風で刈り入れが遅れましたが、陽光に輝く稲穂が日本の秋を実感させてくれます。黄熟した稲穂はいつみて...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1546《365日を豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の土用」と「霜降」》

いつものことながら毎回歓迎できないものがあります。ましてこの時期の大型台風はご免こうむりたいものですね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ