コラム

 公開日: 2012-05-22 

マナーうんちく話245≪結婚の目的と心構え≫

各地で「しゃくやく祭り」や「バラ祭り」等が開催されていますが、今が旬の「紅花」をご存知でしょうか?
昔から女性には、大変なじみの深い花なのですが・・・。

紅花と言えば、健康に良い食用油を思い浮かべる方も多いと思いますが、昔は染物の原料として有名でした。水戸黄門シリーズにも登場しましたね。

また、女性の必需品である口紅は、この紅花の花弁に含まれる、たった1%の赤色の色素を抽出して手間暇をかけて作られていました。

ところで最近、和の文化が見直されてきていますが、後世に残してほしい日本女性の伝統美に「文金高島田」があります。
今では、見かけることが少なくなりましたが、花嫁が、白無垢や打ち掛けを着る時の、代表的な日本髪です。
金襴緞子の帯に文金高島田、色づく頬にさした紅・・・。
まさに、世界に誇る伝統美です。

日本が平和な社会で有ったからこそ、礼儀・作法等と共に栄えた文化ではないでしょうか?

ちなみに、文金高島田、白無垢、懐剣などは、武家娘の花嫁姿でしたが、明治以降は、花嫁の正装として広く定着しました。

娘が嫁つぐ際、嫁つぎ先でお金に不自由することが有ったらかわいそうなので、娘の母親が、娘の髪を高く結い上げ、その髪の中に小判を入れたのがその始まりだそうです。
嫁ぐ娘を思う母親の気持ちは、今も昔も変わりませんね。

ところで、このコラムでも何度も触れましたが、結婚する以上は、その結婚があくまで「ハッピーであるべき」だというのが、長年結婚式の仕事に携わってきた私の持論です。

そのためには、自分は「何のため」に結婚するのか?その目的をまず明確にすることがとても大切です。

「一人では寂しいから」「社会的な信用を付けたいから」「親を安心させたいから」「子どもが欲しいから」「温かい家庭を築きたいから」等など、その目的は10人10色です。

ここで大切なことは、目的の内容ではなく、自分にとって「何のための結婚か?」ということだと思います。

目的がきちんと定まった結婚は、当然それにマッチした生き方ができるので、よりハッピーになる可能性が高いわけです。
勿論、幸せな人生とは結婚がすべてではありません。
独身の方が幸せだと感じる人も結構いると思います。それはそれでいいのではと思います。


江戸時代に、嫁ぐ娘と、その娘の髪に小判を偲ばせた母親は、かなり強い覚悟を持っていたようですが、良い悪いは別として、どうもこの点が現代では甘いように感じます。

「結婚して上手くいかなかったら離婚すればいい」と娘は思い、母親は「嫌になったらいつでも帰ってきたらいいよ」と娘に言って聞かせる。はたしてそうでしょうか?

結婚すれば当然色々な人間関係が生じます。家族・親族・職場・友人・地域等。100歩譲ってそれらは良いとしても、子どもがいれば子供がかわいそうです。

最近、結婚式を挙げる際、結婚はあくまで二人の合意の上でするのであって、家と家の結びつきは関係ない。従って結婚式の招待状は二人の名前で出す。このようなカップルも多いようです。勿論、それはそれで結構なことだと思います。

しかし、結婚すれば、生まれも育ちも異なる他人同士が家族になります。
それぞれに、親もいれば、祖父母も兄弟がいます。それらが、皆家族になるわけです。
この時点で、二人だけの問題ではなくなります。
だからこの点を、より真剣に考えて頂きたいものです。

そして、それらの人と良好な人間関係を築き、ハッピーな結婚生活を送るには、結婚前後にやるべきことは沢山あります。当事者もそうですが、その親もしかりです。

結婚式やドレスや披露宴に関する情報は氾濫していますが、その情報が、どこから、何のために発信されているかよく見極めて、自分にとって本当に有益か否かを判断する力とともに、自分にとって何が必要なのかをきちんと判断して下さい。
そして、親はその良き相談相手になってあげるのが理想です。
次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ